CALENDAR
S M T W T F S
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031    
<< October 2017 >>
PR
ARCHIVES
CATEGORIES
MOBILE
qrcode
春のリンテン合宿 <予告編>
0
    世間はゴールデンウイークですが皆様は10連休でしょうか?
    私は後半のみ5連休を勝ち取ったので毎年恒例の「リンテン合宿」へ行ってきます。
    林道&テンカラ合宿、略してリンテン(^^;


    昨年のキャンプ地です。


    昨年は満開でした。

    今年も長野方面の予定です。
    F650GSダカールもギリギリ仕上がる予定。
    さて、どんな旅が待っているのでしょう。


    カモシカ先生がいました。


    今年も青空毛鉤巻き出来るでしょうか。



    今年もアマゴちゃんに会えたらよいな。。。

    おしまい
    | 釣りキャンプ | 11:16 | comments(10) | trackbacks(0) | pookmark |
    春のテンカラ釣〜リング  <神流川キャンプ釣行・前編>
    0
      4月13(土)、14(日)

      月一回の二連休、行ってきました。
      釣〜リングキャンプ&テンカラ釣行。

      私の数少ない友人、群馬出身のA氏が三重から帰省がてら釣りをしようということで神流川へ行くことになりました。

      噂では漁協がしっかりしているので爆釣??
      釣れない訳がない??
      なんていうプレッシャーをいただき挑戦してきました(^^;
      釣れるといいな~

      午前8時半、セローでのんびり出発です。
      相変わらず朝に弱い釣り師ですね(^^;
      下道で行っても良かったのですが、中央道、圏央道で入間ICへひとっ飛び。
      高速道路は旅の扉。
      旅情気分が高まります。
      セローは車の流れに乗れず悲鳴を上げてますけどね(汗)

      そこから名栗路へ。
      ちょっと寄り道。



      久しぶりの大名栗林道、やっぱり通行止め。
      Uターンしましょ。

      峠を越えて秩父の芦ヶ久保の道の駅。
      車もバイクもいっぱいです。

      横を流れる川をチェック。
      すると今日は成魚放流日?
      釣り堀状態で釣り人が沢山いらっしゃいました。
      入れ食い状態ですね。。。

      チェックも程々にして買い物です。
      ここの目当ては一つ。
      無事に購入出来ました。
      何を買ったかは後ほど。
      そしてリアBOXトランクを開けようと・・・

      あれっ?開かない?
      やっちまった。
      ロックに何かが挟まってしまったみたい。
      中には釣り道具一式が。
      釣り出来ないぞ・・・
      何をやっても開きません。。。

      しばらく試行錯誤しているうちに「バンッ」って叩いたらロックが開いた!
      なんだい。最初から叩けば良かった(笑)
      昔から叩けば直るっていうのは本当なのですね(^^;
      30分くらいロスしましたが無事に出発です。

      秩父から中津川林道へ向かう途中でちょっと寄り道。



      ダート発見っ。
      荷物満載ですが行っちゃいましょう!

      と思ったら意外とガレてました(^^;
      荷物満載なのでフロント加重が抜けてフラフラ(汗)
      それでもスタンディングでトコトコと走っていけます。
      どんどん高度を上げて進むとこんな景色が広がっていました。



      秩父市街が一望です。
      気持ち良いですね。
      途中ではカモシカさんの姿も。
      距離もあって面白い林道でした!

      続いて中津川林道へ。
      途中、お目当ての休憩スポット到着。



      ここでお昼ご飯です。
      いつもここで休憩します。



      秩父名物「岩魚寿司」とおやき。
      秩父に来ると何故かこれを食べます。

      中津川を眺めながらのんびり食べました。
      川を眺めながら食べる昼食は最高に美味しい!
      釣りしたいけど我慢我慢。。。



      よしっ!セローさん出発しましょうか。

      ここから天丸トンネルを抜ければ目的地の上野村はすぐそこです。
      ところが・・・

      通行止め(泣)

      なんてこったい。。。
      5月から通行可能とのこと。
      ということでグルッと遠回りして上野村に向かいました。。。
      来た道を戻って予定より大幅に遅れて上野村着(疲)。


      桜が満開でした♪

      河原に降りると見覚えのある車とあの御方様!

      からふるご夫妻さん発見!

      他にも…大勢のテンカラ師さんが居ます。
      老眼天空本舗の倉上軍団がテンカラ例会中でした。
      ということは・・・

      朝からコテンパンに叩かれている・・・(^^;
      しかも釣り人がたくさんいらっしゃいます。
      こりゃ釣れないかも。。。



      早速、豪華な平屋?を建てて釣り開始です。
      しかしながらポイントというポイントには人が入ってまして、並んで釣るのが苦手な私はC&R区間の最上流部へ入ってみることにしました。
      最初は瀬を叩いてみます。
      風が強くて釣りづらい。。。

      淵に移動。
      すると水面で捕食する山女魚さんの姿が。しかも5,6匹は居ます。
      ここで苦手な水面釣り。
      毛鉤を変え、釣り方を変え、風にも負けず頑張りますが釣れません。。。

      ここでA氏から電話。
      仕事終わったんで少ししたら出るから~!
      なんて話をしながら毛鉤を流していると・・・

      電話中に初ヒット(^^;

      良い型じゃ~!
      話しながら寄せに入ると・・・

      ぎゃ~!バレタぁ~(泣)

      何だか完全に山女魚さん達に馬鹿にされた気分です。
      ぐ、悔しい。。。

      その後は「電話中釣法(笑)」を採用して下竿で誘いながら釣り下ることにしました。
      何度か掛かりましたが・・・
      暗くなって終わってみれば・・・



      でした。。。

      とぼとぼテントへ戻ると話しかけてくる人が。

      「こばさんですか?」

      twitterフォロワーさん・上野村民でした!
      はじめまして〜!!
      実は当日までキャンプ地や釣り場のアドバイスをしていただいていました。
      初めての河川、準備から当日までお世話になりっぱなしでした。
      ポイントも色々と教えていただいて感謝しています。
      上野村民さん、どうもありがとうございました。
      しかも仕事が終わった後にちょい釣りして10匹くらい釣ったとのこと。
      流石ですね!
      と同時に仕事後に釣りが出来るなんて羨ましい限りです。
      最後は握手をしてお別れしました。
      今度は釣りもご一緒お願いします!
      これからも宜しくお願いいたします。

      ということで夜の宴突入です。
      立ち寄り湯で一時間ゆっくり湯に浸かり、川で冷やしておいたビールで一人完敗…、じゃなくて乾杯(笑)
      今晩は簡単ご飯。
      白米炊いて、インスタント物。
      その後は星空と夜桜を眺めながらビールとチューハイ飲んで頭がグルグル回ったところで就寝。
      おやすみなさい。。。
      明日は釣れるといいなぁ。

      つづく
      | 釣りキャンプ | 20:40 | comments(14) | trackbacks(0) | pookmark |
      リンテン合宿 in 信州
      0
         10月7、8日は「リンテン合宿」を開催しました。
        林道&テンカラ合宿、略してリンテン。
        春の合宿は長野県大横川でテンカラキャンプでした。
        ですが今回は釣り無しです(^^;
        今回は林道走って転んで?なので「林道で転倒スッテンコロリン合宿」略して・・・、

        「林転合宿」

        果たして転ばずに帰ってこれるかな〜

        10月7日(日)

        朝8時、セローで出発です。
        中央道の渋滞もそれほど酷くなく快走です。
        でも・・・

        快走というより地獄です(汗)

        セローの高速走行はキツイです。
        巡航速度は95Km/h
        100Km/hだとイッパイイッパイ。
        ギリギリの速度が95Km/hなのです。
        走行93000Kmに達した我が家のセローさん、頑張って走ります。

        車の流れが早いので登坂車線は常に活用。
        次々に抜かされる恐怖との戦いです。
        トラックや遅い車を見つけて後ろにくっついて走ります。
        でもさすがセロー?。スピードは出ませんが走りに問題ありません。
        とても快適です。

        今回の目的地は長野県。
        私達のキャンプはほとんど無料のキャンプ場ばかり。
        昼過ぎにとある湖畔の無料キャンプ場へやってきました。
        う〜ん、空が近い!気持ちよいです。



        この写真を見てご存知の方も多いはず。
        知りたい方はご連絡いただければお教えします。
        ここは標高1300mの湖畔のキャンプ場。
        皆様マナー良く静かにキャンプしています。
        無料キャンプは貴重です。
        これからもずっと使用出来るようマナー良く楽しみたいですね。

        さて、ほぼ同時にA氏も三重から到着しました。
        トライアル車スコルパを購入したので車に積んでやってきました。
        トラ車に乗ったことないので私も楽しみです。
        テント設営後に林道散策へ出発です。



        まずは15キロ程のロングダートへ。
        標高の高い尾根を走る気持ちの良いダートです。



        途中、ススキの覆う藪こぎ区間がしばらく続きました。
        ちょうど首に当たるのでカユイです。
        路面が荒れているのでススキ攻撃をまともに受けました(笑)

        私は久しぶりのダートで飛ばせませんでした。
        フロントからスリップダウンしそうな気持ちになり、タイヤは滑っていないのに気持ちが滑りっぱなし(汗)
        後で気づいたのですが、高速走行の為にタイヤ空気圧をパンパンにしていました。
        普段のダート走行もそれほど空気圧は抜きませんけどね。
        いやぁ、初心者はダメですね~(笑)

        途中でA氏のスコルパに乗らせてもらいました。
        トライアル車の初体験!

        一言で言うなら・・・

        「これ買います!」

        欲しい・・・。
        欲しい・・・。
        欲しい・・・(以下100回程連呼)。

        でかいバイク売って買おうか本気で考えちゃいますね。
        オートバイはバランスの乗り物。
        その中でもトライアル車はその究極形であると言えます。
        極低速でのバランス感覚はライディングの全ての基本です。
        元々、トライアル車には興味がありましたが、乗ってみてさらに興味が湧きました。
        A氏、良い買い物してますね〜

        そんなこんなで林道終点になり、別の林道で帰路につきます。
        渓流沿いのルート。
        つい目が川にいっちゃいます(^^;
        しかも抜群の渓相!
        紅葉にはまだ早いけれど気持ち良い林道ランです。
        と思ったら・・・



        ありゃま、崩落で通行止め。。。
        こちらも景色の良いロングダートと聞きましたが、仕方ないのでUターンします。
        ついでにお魚ウオッチング。

        いますっ!デカイのがっ!

        落ち込みの淵に尺はあろう岩魚と良型の影が見えます!
        チビのライズも。
        来年のリンテン合宿はココにしようかな!?

        Uターンするのは良いのですが、夕暮れが迫ってしまい最初の林道を戻る途中で真っ暗になってしまいました。
        ここにきて調子の出てきた私は快調に飛ばしてキャンプ場へ急ぎます。
        途中、鹿さんが5,6頭出てきました。
        鹿って目の前を横切るんですよね(^^;
        ぶつかったらどっちが勝つか・・・セローは「カモシカ」の意なので引き分けくらい??
        いや、死にますって(大汗)
        ライトの明かりを頼りに走るダートってちょっぴり楽しかったです。
        無事にテントに戻ってきました〜

        さて、それではメインの夜会のスタートです(笑)
        夜は私が住み込みしていた「歩人(ほびっと)」の美味しいベーコン&ソーセージA氏の用意した麻婆豆腐を作りました。
        天候に恵まれ風も無く、寒くありません。
        それでも気温10度程でしょうか。
        酒と飯、満点の星空、流れる天の川、そしていくつもの流れ星、ランタンの明かりに浮かぶ仲間。。。
        いやぁ、これだからキャンプはやめられませんね〜
        久しぶりの再会だったので11時くらいまで話し込んでしまいました(もちろん静かにね)。
        そんでもって酔っ払って頭がグルグル回ってハイ就寝。。。

        10月8日(月)

        明け方まで頭がグルグルしていたような気がします(^^;
        湖面に朝霧が立ち込める幻想的な朝です。
        テントは結露しまくりですが(泣)


        キャンプ場の朝です。

        コーヒーとベーコン、クリームチーズのサンドイッチを食べて今日も林道散策です。
        中途半端に早く帰っても渋滞するだけなので目一杯遊んで帰ります。
        いざ出発!と思ったら・・・

        スコルパがパンクしてました。

        昨日飛ばしすぎたんじゃないかな~
        まあ、元々低空気圧で走るオートバイなので行けるところまで行くことにします。
        ゆっくり走りましょう。

        今日は地図に無いダートを散策しました。
        ゲートの無い入れるダートを片っ端から調査していきます。



        林業作業道が縦横無尽に広がっていました。
        トコトコとトレッキングを楽しみました。



        高原の空気が気持ち良し。アンタ足上げるの好きだね(笑)



        ちょっと撮って!と私の後ろ姿。この後・・・



        んっ??コケタ?



        ちょっとネタっぽいコケ方ですが、草の中に溝があって倒れました。
        これで「林転合宿」目標達成です(笑)

        廃道にも入りましたが、ここではトライアル車の実力を見せ付けられ、セローも頑張って走りましたが倒木越えでスタック。
        越えてもスタック。。。転倒。。。
        5本ほど越えたあたりで前方には果てしなく倒木の山が・・・。
        私の泣きが入りUターンしました。
        おいちゃん疲れたよ〜(笑)



        その後もダート散策はつづき、こんなホッとする景色も。
        途中、スコルパのサイドスタンドのスプリングが折れる珍事件もありましたが無事に完走。
        結局丸一日、4時頃まで走りっぱなしでした。
        疲れたァ〜



        A氏、お疲れ様でした!
        一年分のダートを楽しみました。
        普段一人では行かないようなステージも行けて満足でした。
        次回はアタック仕様でちゃんと装備もしっかりしてリベンジしましょう!
        トライアル車には負けてられません!
        マウンテントレール・セローの名にかけて頑張るぞ〜!

        帰りはまたまた地獄の中央道をひたすら走り帰ってきました。
        夜遅くに無事帰宅。リンテン合宿・秋編無事に終了です。
        次回、春編をお楽しみに!

        おしまい
        | 釣りキャンプ | 19:57 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
        リンテン合宿一人反省会
        0
           先日の「リンテン合宿」では一般渓流にて放流魚ながら、テンカラ釣りで初釣果をあげることが出来ました。
          これも、堀江御大並びに吉田毛鉤代表トラウトカントリースタッフの皆様、そして吉田毛鉤会の皆様のおかげでございます。
          この場をお借りして改めてお礼申し上げます。
          ありがとうございました。
          早春の長野、水面勝負に拘っていたら釣果はなかったかもしれません。

          今回の反省点を備忘録という意味で書いておこうと思います。

          毛鉤ロストの多さ

          かなり木へ引っ掛けました。
          後ろに木があるとわかっていながら引っ掛ける場面が多数。
          ハリスを結びなおして1投目で再度引っ掛ける場面も。
          釣りしているより仕掛け作りしている時間の方が長かったかもしれません。
          引っ掛けることによる自然への影響も否めません。
          キャッチ&リリースも大事ですが、枝に針が残るという問題も我々釣り人は気をつけなければいけない問題だと思います。

          また、引っ掛けてばかりでA氏に比べて遡行スピードが遅かったのです。
          私はどちらかというと一つのポイントでじっくり釣りたい方ですが、A氏は数投でチャッチャと釣り上がっていく人でした。
          上流で待たせる場面があったので、 まずは毛鉤のロストを少なくすることを目標にします。
          これはキャスティングの精度を高める意味もありますね。
          狙ったポイントに一発で振り込み、テンポ良く釣れば、かなり手返し良く釣る事ができると思いました。



          このように河畔林が覆っている場所がほとんどでした。
          サイドキャストやボウ&アローキャスト、ロールキャスト、左手キャストなどの練習もしてみようと思います。
          それにしても広葉樹の新緑溢れる河畔林が素敵でした。
          また行きたい〜

          毛鉤に関しては入念な準備をしたつもりでしたが足りなくなりました。
          状況が判らなかったのでドライ(浮く)系とニンフ(沈む)系の白と黒系の計4種、さらに大小サイズの毛鉤を用意しましたが、ビーズヘッドニンフの釣りに偏ってしまったので足りなくなりました。
          青空タイイングが出来たのは良かったですけど(^^;



          当日使用した毛鉤の一部です。
          上のビーズヘッドニンフは大小用意しました。
          茶色、薄茶で釣れました。
          中央はレッドワイヤー(鉛)とシルクフロスに茶ハックルを巻いたもの。
          初釣果は写真にはありませんが黒ボディー&芯黒茶ハックルでした。
          写真の茶や緑、オレンジでも釣果、反応がありました。
          下は剣羽根ですが当日はビーズヘッドとレッドワイヤーを巻いた沈み系の物で釣れました。
          白、黒系共に反応ありました。

          しかしながら、各種の毛鉤を用意する大切さを改めて実感した釣行でした。
          バラシたり反応があった後に毛鉤を替え、同じポイントで釣り上げる場面がとても印象に残っています。

          また竿に関してですが、今回の上流部遡行ではAnglo・wasabiの3.2m
          ダム下では渓愚カスタム3.9mを使用しました。
          wasabiの3.2m、私はかなり気に入っています。
          軽くて疲れずキャスティングのタイミングも分かり易いので楽しく釣ることが出来ました。
          今回は渓愚ラインとレベルラインも使用しましたが、どちらも快適な使用感でした。
          どちらかというとレベルライン向きでしょうか。

          これからテンカラのハイシーズン。
          楽しい釣行が出来るようキャスティング練習&毛鉤巻きに精を出したいと思います。

          いつの間にか鮎釣のシーズンが来てますが(^^;

          おしまい

          19日(日)は「TOKYOトラウトカントリー」にて吉田毛鉤代表・吉田孝講師によるテンカラ教室が開催されます。
          私も大変お世話になった教室です。
          初心者からベテランまで楽しめる内容の濃い教室です。
          私は仕事で行けませんが、興味のある方は是非ご参加ください。
          また、20日(日)はバンブーフライロッドビルダー・「宮崎ロッド・Prime time」の宮崎俊太講師によるフライフィッシング教室も開催されます。
          こちらも是非ご参加ください。
          私も機会を作って参加したいです。
          | 釣りキャンプ | 14:39 | comments(2) | trackbacks(0) | pookmark |
          リンテン合宿 ~5月5&6日編~
          0
            5月5日(土)

            朝、腰の痛みで目が覚めました。
            あはは(^^;
            治りかけの腰がまた痛くなってしまいました。
            当初の予定では場所移動を考えていましたが、動けない(動きたくない)のでゆっくり休むことにしました。

            品川からお越しの餌釣り三人衆のおじちゃんおばちゃん達が手招きするので挨拶に伺うと、
            「火にあたりなさい」「朝ごはん食べた?」「はいお茶!」ともてなしてくれました。
            とにかく話が面白く永遠と話し続けています(^^;
            隣の八王子からお越しのKSR軍団の人とも楽しい一時を過ごすことができました。
            2ストのKSR、一時欲しかったな。。。
            とてもマニアックな方々でした。

            朝食のお礼に三人衆さんのタープやテント撤収をお手伝い。
            今日は違う支流に泊まるとのこと。
            皆で記念写真を撮ってお別れしました。
            KSRの方も毎年いらっしゃるようなので、またお会いできるといいですね〜
            皆様お気をつけて〜!!
            これもキャンプの楽しみの一つですね。

            その後はゆっくりと朝風呂に入りキャンプ場でノンビリしました。



            ビーズヘッドニンフの毛鉤が無くなったので6個、のんびり巻きました。
            鳥のさえずりと新緑をバックに毛鉤巻き、贅沢です。

            昼過ぎ、少し楽になったのでダム下で竿を振ることにしました。
            その前にダム湖周辺のダートにお邪魔しました。
            一応「テンカラ&林道」合宿ですからね(^^;
            湖畔でお話した地元のおじさんに天竜川事情を色々と教えていただきました。

            その後、ダム下のおばちゃん宅で日釣り券を購入しダム直下のポイントへ入りました。



            ダム下から最初の橋までは禁漁区でした。
            水温は11度。ただし時折強風が吹きます。
            やや大きい虫のハッチも見られ活性は高そうと同時にフィッシングプレッシャーも高そうです。
            よしっ、釣ったる!!

            まずはビーズヘッドニンフで様子を見ます。
            水深50センチくらいのザラ瀬をアップストリームで流しているとラインが引かれる明確なアタリ!


            18センチ程のアマゴちゃんです♪

            その後はもう少し下流へ移動しました。



            里川ですね。
            盛期は楽しそうな場所です。
            ザラ瀬をテンポ良く流しながら遡行しました。
            風が強く非常に釣りづらいです。
            写真の奥の橋下の瀬脇で1匹バレ。



            そしていよいよ夕刻。
            ここで待望のライズ発見!
            しかし、風が吹くとパタリと止まってしまいました。
            しばらく上下のポイントをウロウロ、すると…
            天気が急変し激しい雷雨に(泣)。
            近くに落雷する始末、危険を感じ慌てて竿を仕舞いテントへ戻りました。
            結局朝方まで雷雨が続きました。。。
            明日は雨のようなので今回の合宿もこれにて終了ですね…。

            雷鳴響く夜、合宿最後の夜は更けていきました。。。

            5月6日(日)

            予報通り朝から激しい雷雨です。
            雨の中の撤収を済ませ出発です。
            すてきな連休をありがとう。
            また来ます!


            雨の止んだ隙に一枚パチリ。

            伊北ICから中央道に入ります。
            すると数台前に見覚えのある軽バンが。
            そう、昨日までキャンプ場に居た品川の餌釣り三人衆さんです。
            どこかのSAに入らないかなぁ、と後ろをくっついていましたが入らず、結局山梨県内の釈迦堂PAまで一気に走っちゃいました。
            セローだと遅いので途中で抜かすに抜けませんでした(汗)
            軽く談笑してお別れしました。
            最後まで面白いお話ありがとうございました。

            その後は渋滞に嵌ったので勝沼ICで降りてフルーツライン経由で青梅街道へ。
            柳沢峠越えで帰りました。
            甲府から天気は良かったのですが奥多摩湖から再び激しい雷雨、しかもすぐ側に落雷!
            一瞬何が起きたのか分からないほど真っ白になり心臓もバクバク鳴っています。

            こりゃマズイ!ということで日原街道に入りトラウトカントリーへ避難しました。
            ちょうど昼食も食べていなかったので休憩させていただきました。



            あるべき物が増水で無くなっていました。
            そう、丸太橋です。
            関東地方は大雨だったのですね。
            これでも減水したそうです。
            全然知りませんでした。

            帰宅寸前にようやく夕日がお目見え。
            5時、無事に帰ってきました。

            以上、駆け足で書いた文章で申し訳ございませんが、
            2012年リンテン合宿無事終了!

            おしまい

            後日、合宿反省会ネタ書きます〜
            | 釣りキャンプ | 23:59 | comments(4) | trackbacks(0) | pookmark |
            リンテン合宿 〜5月3&4日編〜
            0
              5月3日(木)

              未明まで雨が降りましたが早朝には小雨がパラつく程度になりました。
              A氏と共に川沿いの林道を歩きます。
              ちょうど桜咲く季節、新緑がとても綺麗です。
              そろそろ登山に行きたかったのでプチ登山気分を満喫出来ました。

              川は濁りは無いですが増水していました。
              本流は水量が多いので1時間くらい歩いた場所の支流の沢に入ってみることにします。
              A氏は上流、私は下流に分かれて釣り開始です。
              途中から小雨もあがり晴れてきました!
              よしっ!釣るぞ〜!!



              水温は9度。
              小さな虫が飛んでいます。
              こんな沢に入るのは久しぶりです。
              降りた場所の対岸にある小さなタルミに第一投。
              ん?何かアタリがあったような…。
              もう一投。
              沈ませた毛鉤が流れ出す間際に引き込まれました。

              いきなりキターッ!

              と思ったらバレタ(泣)
              合わせと同時に水面から飛び出してそのままポチャン。。。
              それほど大きくなかったですが悔しい〜

              気を取り直して上流へ。
              少し大きい落ち込みの巻き返しのポイント。
              増水しているので枝やら葉っぱやらが溜まって釣りづらいです。
              絡まないように流した数投目、ラインが引き込まれたので合わせました・・・



              釣れました!20センチ程の岩魚くん!
              記念すべき第一号です。
              ヒレが少し丸いので成魚物?
              そんなことはどうでも良い!とにかく嬉しい!

              ふと気がつくと周りの景色が目に入ってきました。
              木々の合間から柔らかな春の日差しが差し込み、心地よい風が通り抜けています。
              苔むした岩、暖かな日差し、鳥のさえずり…、釣りは素晴らしい。
              こんな私は幸せ者です。。。

              一匹釣らなくてはと朝から張り詰めていた肩の緊張も抜け、ウェットシューズに入り込む冷たい水も忘れるほどしばらく眺めていました。

              とりあえず1匹釣れたので上流のA氏の元へ。
              するとこんな光景が。



              その間、わずか2メートル。
              声をかけても触ろうとしてもまったく逃げないカモシカさん
              怪我でもしているのでしょうか。
              と思ったら余裕をかまして我々の目の前で用を足し始めました(笑)
              しかも大きい方デス(^^;

              只者ではないカモシカさん。
              もしかしたら山の神様かもしれません。
              神様少しだけお邪魔いたします、上流へ行かせてくださいね。

              しばらく2人で交互に釣り上がりますが魚っ気が無いので本流へ戻ることにしました。
              カモシカ様、帰り道もまだ居ました、っていうか余裕で寝てました(苦笑)。

              本流に戻り上流へ。
              遡行できない箇所があるので随所で林道から降りて竿を出しました。
              本流の方が水が冷たいと感じましたが水温は依然9度程。
              ビーズヘッドニンフで釣り上がります。


              20センチくらいの岩魚くん。一応ヒレピン。


              こんな可愛い岩魚ちゃんも。


              アメマスっぽい?のも釣れました。
              成魚放流物?
              やはり林道があるので放流物しか釣れないのでしょうね。
              帰りに会った地元の人曰く、成魚や稚魚、発眼卵放流を行っているとのことです。



              本日最後のポイント。
              A氏、小さなライズがあった?ようですが釣れませんでした。

              かなり上流まで上がったので今日は早めにキャンプ場へ戻ることにしました。
              キャンプ場前でイブニングを迎えましたが風も冷たく生命反応無し。

              キャンプ場はそこそこ混雑していました。
              餌釣りのおじさんおばちゃん三人衆と情報交換したり、近くの立ち寄り湯に入ったり、焚き火を囲んでお酒を呑んだりして夜は更けていきました。

              本日の釣果4匹、2バラシ。

              5月4日(金)

              今日は昨日よりさらに上流へ行きました。
              天気は今のところ晴れていますが少し風が強く不安定なようです。
              朝方も激しい雨が降りました。

              今日も反応は良く、ビーズヘッドニンフやビーズヘッド付き剣羽根毛鉤で釣れました。
              一箇所で2匹釣れることも。



              この堰堤の下流でA氏もニンフで釣り上げました!

              さらに上流へ遡行しましたが堰堤が続きポイントが少なく歩くだけで釣りになりません。
              その後は風が強くなり、にわか雨も降り出してきたので昼過ぎには下流へ戻ることにしました。
              キャンプ場付近で竿をだしましたが撃沈。
              ポイントを探して支流に入ったりしましたが、いよいよ天気が怪しくなり激しい雨が降り出しました。
              早めにキャンプ場へ戻ることにしました。

              本日の釣果4匹、2バラシ。

              ここで明日から仕事のA氏とはお別れ。
              今晩からは一人キャンプです。
              深夜からは雷雨になってきました。
              明日は釣りができるだろうか。。。

              つづく
              | 釣りキャンプ | 23:31 | comments(2) | trackbacks(0) | pookmark |
              リンテン合宿 〜5月2日編〜
              0
                 5月2日(水)

                天気予報は一日雨、朝から激しい雨ですがセローで出発しました。
                前日の準備が遅かったので一気に高速道路で向かうことにしました。
                圏央道、狭山日高ICから中央道へ。
                双葉SAで給油休憩。
                渋滞は無く適度な交通量があり90〜100Km/h巡航で走ります。
                走行9万キロを超えたセロー、頑張ります。



                雨の諏訪湖、オートバイ居ません。
                こうゆう処に来ると何故か食べたくなるタコ焼きを一人でモグモグ。。。
                ここでに連絡を入れるとまだまだとのこと。
                しかもオートバイじゃなくて車らしい(^^;


                雨の蛇石キャンプ場
                キャンプ場に誰も居ないので東屋の下でテントを張らせていただきました。
                しばらくしてA氏もはるばる三重から到着。
                車ですが。
                しかも車で寝るらしい。
                ダム手前の日釣り券販売所で明日付けで券を売ってもらい今日はのんびり作戦会議(飲み会)で日が暮れていきました。

                明日はゲートを越えて上流へ遡行します。
                川の濁りもありません。
                天気予報は雨ですが午後は晴れそうです。

                つづく
                | 釣りキャンプ | 15:13 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
                「リンテン合宿」帰着報告
                0
                  予告通り開催しました。

                  「リンテン合宿」 in  蛇石キャンプ場







                  林道&テンカラ合宿。
                  今回の釣りキャンプは数ある遠征釣行の中でも非常に印象深いものになりました。
                  詳細は後日。

                  つづく
                  | 釣りキャンプ | 23:59 | comments(2) | trackbacks(0) | pookmark |
                  東西対抗?「りんテン合宿」・ダイジェスト版
                  0
                     5月1日から5日までの5日間、三重県在住の友人A氏長野県飯島町の御座松キャンプ場にて林道&釣り合宿、名づけて「りんテン合宿」を行いました。
                    三重県と埼玉県の中間あたりということで伊那地域をチョイス。
                    もうひと候補で「蛇石キャンプ場」も考えていましたが今回はこちらに決めました。
                    さて、吉とでるやら凶と出るやら。。。

                    1日、天気予報は曇りところにより雨。
                    現地は夕方から雨が止むそうなので早朝まで迷っていましたが開催決行することに。



                    青梅街道の柳沢峠越えで山梨入りし、甲州街道を西へ。
                    甲府までは予報に反して快晴。期待していなかっただけに気持ちよい。
                    しかし、甲府市内からいきなり土砂降り。
                    その後は降ったり止んだりを繰り返しながら諏訪までトイレ休憩1回のみで走り続けました。
                    出発が遅かったので諏訪ICから中央道へ飛び乗る。
                    セローでの高速道路走行はかなりキツイですが間に合いそうになかったので頑張って走りました。
                    雨と向かい風の中、なんとか駒ヶ根ICに到着。
                    買い物を済ませキャンプ場へ向かう。
                    ふとキャンプ場入り口のコンビニに見覚えのあるXLR250R発見!A氏です。
                    寒い雨でずぶ濡れとのことで本気で何度も途中で帰ろうと思ったらしい。
                    とにかく寒い…、とりあえずキャンプ場へ急ぐことに。



                    御座松キャンプ場は与田切川畔にある無料のキャンプ場で混雑を予想していましたが、夕方5時頃到着にもかかわらずキャンパーは4組のみ。内バイクは2台。
                    松林に囲まれた明るいサイトである。

                    久しぶりの再会を祝って乾杯!!
                    雨は降り続いていた。。。

                    2日、3日は釣り、林道三昧。
                    と言いたいところですが、とにかく釣れない。。。
                    根本的に河川選択を間違っていました。
                    与田切川の水源域は標高のある山々に囲まれており、まだ雪が残っているために水温が低く、テンカラやA氏のルアーには全く反応がありません。
                    他の支流へ調査に行くものの釣りをするより走っている時間が長くツーリングになってしまいました。
                    初めての場所って探してばかりで以外と釣りにならないんですよね。。。



                    林道をウロウロ、天竜川河川敷をウロウロ、釣りポイントを探してウロウロ。。。



                    最終的にテンカラ釣りでは無理と判断。
                    釣具屋さんでミミズを買ってきて餌釣りをしてしまいました(笑)
                    「りんテン合宿」になちゃった(笑)
                    とりあえずアマゴさんを1匹、綺麗な小さい天然イワナさん1匹を釣り上げました。
                    水は綺麗で釣れる魚も透けてしまうほど美しかったです。
                    他の餌釣りさんの中には良型を釣っている人もいましたので、残雪がなくなる梅雨明け後はテンカラでも期待できそうな川でした。
                    テンカラ釣りも全く収穫がなかった訳ではなく、振込みや流し方の練習で何かつかめた気がします。
                    次回こそ…テンカラで1尾!!

                    4日はA氏が帰らなくてはいけないので、昼頃に別れて一人でブラブラ北上していきました。
                    気になっていた「蛇石キャンプ場」を見学。

                    いい川じゃん(涙)

                    水温もまずまずで生命感を感じる流れでした。
                    次回はこちらに来てみようと思いました。
                    その後、思いつきで長野の友人に連絡すると暇してるとのことで長野市まで一気に走って泊めてもらいました。
                    突然の訪問にもかかわらず歓迎されました。ありがとう。

                    最終日の5日。
                    長野から南下して佐久を抜け川上村へ。
                    久しぶりの中津川林道を抜けて秩父〜名栗を抜けて帰宅しました。

                    以上駆け足でしたがダイジェスト版おしまい!!
                    | 釣りキャンプ | 00:02 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
                    << | 2/2PAGES |