CALENDAR
S M T W T F S
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031   
<< May 2017 >>
PR
ARCHIVES
CATEGORIES
MOBILE
qrcode
スポンサーサイト
0

    一定期間更新がないため広告を表示しています

    | - | | - | - | pookmark |
    オーストラリアへ行ってきた <後編>
    0
      えー、鮭テンカラの問い合わせも多数いただいていますが、トップレスはまだ?という声も多数なので今日はオーストラリアネタの続きです(笑) 

      さてさて。

      iPhoneImage.png
      朝食は皆でファストフードでした。
      マック食べたの久しぶりです。
      朝マックというと安いイメージがあったのですが、これとポテトがついて7ドルくらい。
      700円くらいします(^^;

      iPhoneImage.png
      翌日は朝ドーナツ。

      iPhoneImage.png
      ドーナツ一個3ドルくらいだったかな。

      iPhoneImage.png
      朝にパンを食べる習慣が無いので最後は飽きました(汗)

      iPhoneImage.png
      コンビニでかったジュースとおやつ。
      これで800円くらいだったと思います。

      レートの関係もあるのですが基本的に全てが高い印象でした。
      感覚的には500mlのペットボトルが300円くらい。
      日本国内の金銭感覚の倍という感じでした。

      iPhoneImage.png
      夕食は肉や魚をお酒と共に。ドンチャン騒ぎ??
      ここはThe Rockという地区のお店。

      iPhoneImage.png
      こちらはセルフで焼くお店。
      肉デカイんですけど(^^;

      iPhoneImage.png
      ジュー。

      iPhoneImage.png
      焼けた!一気に平らげました。

      すみません。写真をほとんど撮れなかったのでこの辺で勘弁してください。
      夜の街の豪遊ぶり?もお見せしたかったのですがご想像にお任せしますm(_ _)m
      ってか自粛します。
      シドニー最高だぜい(謎笑)

      iPhoneImage.png
      最終日はシドニーを観光しましたよ。

      iPhoneImage.png
      バス。

      iPhoneImage.png
      古い建物と新しい建物。

      iPhoneImage.png
      古い建物と新しい建物、その2

      iPhoneImage.png
      フェリーに乗ってオペラハウスを眺めた。

      iPhoneImage.png
      海とお船。

      iPhoneImage.png
      湿気が無くて気持良い海風。

      iPhoneImage.png
      海が近いので水着姿の御方も多いストリート。
      気温は30℃近くありました。
      夏日です。東京の5月頃の感じですかね。

      iPhoneImage.png
      昼ビールいっちゃいます〜
      さっぱりとして美味し!

      iPhoneImage.png
      ブリトー?とビール。
      ちなみにオーストラリアの食べ物はどれも美味しかったですね。

      iPhoneImage.png
      裏路地のオートバイ。
      日本と停め方(向き)か逆です。
      綺麗に並べて駐輪していますね。
      上品に見えます。
      乗っている方もオートバイウェアーをバッチリ着たお洒落な方もいれば短パンなど(^^;
      ラフな格好でノーグローブの方がちらほら。
      ちょっとそこまでの足代わりなのでしょうね。

      iPhoneImage.png
      あ、ハンターカブ発見っ!(山女魚110番さんの為に探していましたよ・笑)

      そんなこんなでオーストラリア滞在を楽しませていただきました。
      英語は喋れないのですが何とかなりました(なってないと思いますが・汗)
      通じなくて不機嫌になる方はほとんど居なくて、こちらの言葉に耳を傾けてくれました。
      でもやはりせめて単語だけでも覚えて行かなくてはいけないなと思いましたね。
      現地で指導していただいたエンジニアの方や色んな人ともっとお話ししたかったです。
      勉強します(^^;
      ちなみに「なまり」があるようで英語が話せる人でも「?」な時があったようです。

      最初は海外なんて行くもんじゃないと思っていましたが行って良かったです。
      自分のちっぽけさが良く分かりました(^^;

      この経験を日々の釣りに生かしてみようと思いました(←??)。

      おしまい

      ちょっと待ったぁ!(←誰?)

      あー、忘れてました。

      iPhoneImage.png
      この光景の続きですよね〜
      トップレス?居る訳ないでしょう〜(笑)
      アレを外してる人は居ましたけど(^^;

      ちゃんちゃん
      | 雑記 | 19:28 | comments(6) | trackbacks(0) | pookmark |
      オーストラリアへ行ってきた <前編>
      0
        無事に帰国しております、海外事業部?のこばです(^^)
        まさか私が海外に行くとは思ってもいませんでした。
        しかも仕事で。

        仕事で海外…

        何かカッコイイぞ(笑)

        でも実際は初海外、英語も分からず連れて行かれるがままに・・・

        ということで行ってきました〜

        iPhoneImage.png
        オーストラリアはシドニー空港

        iPhoneImage.png
        訪問した会社のオフィス。
        工業団地のような地区なのですが、お隣さんとの距離が離れてるので目の前はこんな景色。
        仕事もヤル気が出…なくなりそう(苦笑)
        毎日釣り出来そうです(^^;

        iPhoneImage.png
        シドニーから一時間程の郊外へ。

        iPhoneImage.png
        バイク屋さんに寄りましたよ。

        iPhoneImage.png
        メガディーラーですね。

        iPhoneImage.png
        ホンダ車ズラリ。

        iPhoneImage.png
        スズキ車も。このお店はホンダとスズキの契約店ですね。

        iPhoneImage.png
        中古車。日本車ばかりですね。
        オートバイは年間500台は売れるらしいです。

        iPhoneImage.png
        アパレル用品も充実したお店でした。

        iPhoneImage.png
        日本のメーカーはやはり高価でした。

        iPhoneImage.png
        ふむふむ。

        iPhoneImage.png
        なるへそ。

        iPhoneImage.png
        オートバイ用品店並みの品揃えです。

        ちなみに街中でも国産オートバイを良く見かけました。
        リッターバイクから250ccまで。
        ざっと記憶に残っている車種は・・・

        ホンダだとCBR1000RR、CB400SF、CBR250R、XR250、トランザルプ、FT500、FZR?、そしてハンターカブも居ましたね。
        スズキはGSX1000Rや隼あたりかな。
        カワサキはニンジャ250くらい。
        ヤマハは何故か見かけなかった(^^;
        あとはBMWやハーレー。トライアンフも居ましたね。
        ドカティやベスパも多かったです。
        市街地ではスクーターの姿もちらほら見れました。

        バイクだけでなく車も日本車が多かったですね。
        オーストラリアは左側通行。
        右ハンドル車しか走行出来ないようで日本車は都合が良いのでしょうね。
        ざっと見た感じ、トヨタ、ホンダ、意外とマツダが多かったかな。
        スバル、三菱もそれなりに。
        プリウスなどのハイブリット車はまばらで10年落ちくらいのガソリン車を多く見かけた気がします。
        あとはヒッチメンバー装着車が多く、トレーラーを引く光景が良く見られました。
        タクシーにもヒッチがついていましたね。

        iPhoneImage.png
        釣具屋へお邪魔しましたよ(^^;

        iPhoneImage.png
        ルアーが充実していました。

        店員さんに「サムシング ストリームフィッシングタックル?」と訳の分からぬ英語で話しかけてみましたが、海が近い土地柄なのか海用品しか置いていませんでしたね。
        身振り手振りで一割くらい理解できました(笑)

        ということで仕事終わり!!

        さーぁて・・・

        iPhoneImage.png
        オーッ!トップレスオネーチャン??

        つづく(笑)
        | 雑記 | 10:40 | comments(10) | trackbacks(0) | pookmark |
        南半球より
        0


          いざオーストラリアへ。
          ジャンボジェットは初めてでした^_^;



          そしてシドニーへ無事に到着です。

          三月下旬くらいの感じです。
          カラッとした陽気ですね。
          でも半袖でオートバイに乗る人もいました^_^;

          とりあえず英語がチンプカンプンです(泣)
          どうなることやら。

          つづく
          | 雑記 | 21:46 | comments(16) | trackbacks(0) | pookmark |
          堀江渓愚さんへ
          0

            堀江渓愚さんが永眠されました。

            謹んでご冥福をお祈りいたします。


            堀江さんが支配人を務めるTOKYOトラウトカントリーを訪れたのは一昨年の12月のこと。
            渓流釣りは餌釣り一本だった私は、テンカラ釣りを始めました。
            一昨年の春、テンカラの手の字も知らない私は適当な釣り雑誌を読み、これまた適当なテンカラ竿とライン、適当な毛鉤で挑戦したのだが、全く飛ばないラインのおかげで早くもくじけそうになっていた。
            テンカラとはこんなものか。
            これが最初の感想。その年は結局、餌釣りばかりしていた。

            そんなオフシーズンになったある日、昼休みにインターネットでおもむろにテンカラの情報が無いかと検索しているうちに、TOKYOトラウトカントリー(以下:TTC)という管理釣り場でテンカラ教室が開催されていることを知る。
            教室参加の都合が合わなかったが、管理人が随時レッスンしてくれるというのではないか。
            このときは「ふーん」程度にしか思っていませんでしたが・・・。
            週末、ふと行ってみるかなと思い、朝一でTTCへ電話していた。

            電話の向こうで「竿だけ持ってきてください」という説明を受ける。
            そして「気をつけて来てください」と。

            それまで人様からレッスンを受けたことなど無かった私。
            緊張と期待を胸に奥多摩へオートバイを走らせました。
            2011年12月4日のこと。

            到着すると管理人やスタッフ、常連のお客さん達に歓迎された。
            とてもアットホームな管理釣り場。今まで味わったことのない雰囲気。
            仕掛け、毛鉤一式を購入し振込みを教えていただく。
            管理棟横のポンドでひたすら練習だ。
            サッと見本を見せていただき、手取り足取り教えてもらった。
            それから二時間。ポンドでひたすら振込み練習をした。

            昼食をいただいた後に川へ降りて実釣。
            まずは一人で挑戦した。
            餌釣り経験があたので、ある程度自信はあった。
            毛鉤を自然に流せばバシャッと食いつくはず。

            しかし一向に掛からない。掛からないどころか魚信すらない。
            そこへ管理人が降りてきて・・・

            「釣れないの?貸してみなさい」

            と竿を握ると、今まで散々釣れなかった目の前で2匹連続で掛けた。

            初めてみました。
            チョンチョンと水面を滑る毛鉤に魚が食いつく瞬間。
            これがテンカラか!

            次にザラ瀬。
            水面に毛鉤を止めてホバリングさせると・・・、いとも簡単に食いついてきた。

            「テンカラはこうやって釣るのです」

            この管理人こそ・・・、堀江さんです。
            今でも昨日のことのように憶えています。

            それからTTCへ通うようになった私。

            「こばさん、ブログ読んでいますよ」

            声を掛けていただいたこと、嬉しくて心のなかで飛び跳ねていたこと、忘れることなど出来ません。

            あの日から私の釣り人生は大きく変わりました。

            いや、釣り人生ではありません。

            私の人生が変わりました。

            それまでは人生一人で生きていけるもんだと思っていました。
            人間不信に陥っていました。
            何もしゃべらなければ失敗することもなく平和に物事をやり過ごせるだろう。
            殻にこもっていました。

            今も人生色々ありますが一言だけはっきり言えることがあります。

            「生きてきた中で今が一番楽しい」

            あの日あの時、小さな勇気を出してかけた一本の電話。
            そして電話の向こうの声。
            竿を上手く振れない私の腕を取り教えてくれた堀江さん。

            テンカラ師 堀江渓愚

            私はもっと話したかったし、話さなければいけない事がたくさんありました。
            ただ、どうしても日々衰えてゆく堀江さんの姿を遠くで見ることしか出来なかった。
            昔の私と同じく現実から逃げていました。
            私は・・・

            テンカラ師 堀江渓愚

            の全てを知ることは出来ませんでした。

            しかし、

            テンカラ釣りを誰よりも愛する堀江さんの心

            TTCのキッチンメイフライのストーブの横の席でいつも熱く語る堀江さん

            冗談交じりの言葉の中に隠れたテンカラへの情熱

            私は遠くの席からですがいつも感じていました。

            堀江さん、私も釣りが大好きでございます。

            この情熱だけは負けません。

            堀江さん

            ご指導ありがとうございました。

            そして

            安らかに。

            でも私も出来た人間じゃないので・・・、未だ実感無く。

            次にTTCへ行ったら。

            最後に私のキャスティングをもう一回だけ見てくれませんか?

            あの頃より良く飛ぶんですが。

            これからもご指導宜しくお願いいたします。

            こば

            | 雑記 | 01:22 | comments(6) | trackbacks(0) | pookmark |
            今夜のおかずゲット!?
            0
               昨夜、仕事が終わったあとに猛ダッシュで「WILD-1・ふじみ野店」へ行ってきました。
              急がないと8時で閉店しちゃいますので(^^;

              目的は・・・



              秋川流域の地図。
              これで秋川マスターになれるかな。
              再び深夜まで興奮状態が続くでしょう(笑)
              これとTMCのフライフックを購入。
              地図見たり毛鉤巻いたり・・・、夜は忙しいんです(^^;

              そして、今日一番の目的。
              我らがヤマハ・SDR200仲間のたなかですさん「SDRカップ(釣り大会)」の打ち合わせ!?

              第一回開催の模様はコチラ。

              SDRな釣り馬鹿の皆さん、今年もやりますよ!
              ルアー、フライ、テンカラでトラウトを釣りましょう~
              ファミレスで駄弁って、謎のブツもお預かりしてお開きとなりました。

              <おまけ>

              WILD-1を出ようとしたら謎の動きをする一台の車が・・・
              なんだろなぁ…と思ってたらファミレスまで後ろをくっついてきました。

              私の目の前で停まって・・・窓が空いて・・・

              川越MKさんでした(驚)
              やっぱし私のボロ車は何処に居ても分かりますよね(笑)
              MKさん、何を買ったのか聞き忘れてました(^^;

              おしまい
              | 雑記 | 15:26 | comments(6) | trackbacks(0) | pookmark |
              シールドビーム交換 <ボロ車>
              0
                 

                先日、ヘッドライト球が切れたボロ車。
                シールドビーム採用車が少ないので、なかなか手に入りません。

                ということでH4バルブが使えるタイプへ変更しました。
                オークションでポチッとな。
                2個バルブ付きで送料込5000円弱なら安いほうでしょうか。
                勿論、小糸製作所製です。



                日曜日、釣りへ出かける前に片方だけ交換しました。
                交換はプラスドライバーだけで出来るので簡単です。
                点灯オッケー!
                それにしても…、このライト。
                まつ毛を書きたくなるのは私だけでしょうか(^^;
                たまに居ますよね?えっ、この車を見ないですか?(笑)

                先日の秋川の帰り道、ついにライトオン。

                むむっ!!明らかに片方だけ明るいですよ。
                1.5倍くらい明るいですね。
                単純に喜んでいたら「CAUTION's」T先生が…、

                「シールドビームとはワット数違うでしょ~」

                あ、ホントだ。H4バルブは60/55wありますね。

                こりゃ早く両方交換しなくてはいけませんね。
                これで夜の山道もイケイケゴーゴーになりそうです。
                お目目パッチリになったボロ車なのでした。

                おしまい
                | 雑記 | 15:18 | comments(2) | trackbacks(0) | pookmark |
                春雷
                0
                  今日は春の嵐ですね。
                  ふと思い出したこんなエピソード。。。

                  むかしのお話。 
                  今から20年くらい前。
                  桜咲く4月、私は青梅の釜の淵周辺の奥多摩川本流で竿を振っていました。
                  暖かな春の陽気、朝から魚信もありませんでしたが、襟元を抜ける春風が気持ち良かったことを今でも憶えています。

                  鮎美橋から上流の万年橋まで釣り上がりましたが釣果無し。
                  今日は駄目かなぁと思っていたところ、何処からかゴロゴロと鳴り響く雷鳴。

                  春風が連れてきた春雷

                  やがて大粒の雨が降り出し、私は公園内でひとり雨宿り。
                  中学生の私、電車釣行なので車もありません。
                  ただ止むのを待つのみ。

                  やがて雷も去り雨も小降りになりました。
                  川はほんの少しだけ濁りが入っていました。

                  私は合羽を着て、柳淵橋下流の不動淵で竿を振りました。
                  何回も何回も振りました。
                  立ち込んで対岸を狙っても釣れません。
                  半分諦め気分、岸際に立ち釣っていました。。
                  そして、何かの拍子に振り込みを失敗して仕掛けが手元に落ちてしまいました。

                  僅か数メートル前を流れる目印。。。
                  まあいいか、と流してみます。

                  ビビビビンッ!!

                  突然の魚信。
                  それは手元まで分かる、合わせなくとも掛かるような消し込む魚信でした。

                  突然の出来事に慌てて竿を立てる私。
                  水面下でギラギラと光る魚影。
                  しかし、思ったよりも簡単にタモへ収まってしまった。
                  相手もふいをつかれた様子に見えた。
                  8寸強の山女魚、それは鰭が薄い朱色の美しい奥多摩山女魚であった。
                  しばらく何も出来ず眺める私。

                  「良い魚だねぇ」

                  川の様子を見に来た地元老人。
                  いつの間にか雨も止み、春の西日が差しこんでいました。

                  春雷。

                  自然は時に臆病で。

                  時に大胆で。

                  山女魚の心をも惑わすことがあるのでしょうか。

                  そして私の心も。

                  釣りたいと思う釣り師と釣られまいと思う魚。

                  春雷

                  釣れないのならとっくに移動してたであろう場所で何故に竿を振り続けたか…、よく覚えていません。

                  春の嵐の中、ふと思い出した…忘れられない出来事なのでした。

                  おしまい
                  | 雑記 | 16:38 | comments(12) | trackbacks(0) | pookmark |
                  A面からB面へ…
                  0
                    私のボロ車、譲っていただいた当初は、

                    「カセットテープデッキ」

                    という高級システムが搭載されていました(^^;

                    その前に乗っていた車もカセット仕様だったので、ダビングしたテープはたくさん持っていました。
                    やがて、そのカセットデッキも壊れてしまい放置していましたが、一昨年くらいに中古の車載CDデッキを頂いたので…、先日やっと取り付けしました(遅)
                    ズボラにも程がありますね。

                    現代車のオーディオがどうなってるか知りませんが、私にとってはこれで十分すぎます。
                    CDでも古い?何せ未だキャブのボロですから車もビックリしてるでしょう。

                    ということで、先日たくさんのカセットテープを処分したのですが、一つ一つ手に取ると自分でダビングしたものですから愛おしいものを感じずにはいられませんでした。
                    中には10年以上前にヨウイチ氏から貰ったビートルズや洋楽のテープもありました。
                    曲名が手書きで書いてあり、一曲一曲セレクトしながらダビングしてくれたのだなぁと思うと何とも言えぬ気持ちになりますね。

                    昔はレンタルCD屋さんへ行って気に行った物を借りて、テープへダビングして聴いたのですよね。
                    A面からB面へ移行する無音時間をいかに短く編集するかが私的なキーポイントでしたが、アルバムは曲順も重要でして、どうしても間が空いてしまったものです。
                    でもこれもまた良し。

                    再生ボタンを押すと、ノイズ混じりの沈黙の後に音楽が流れ始める。
                    A面が終わると再びしばらくの沈黙。
                    やがてモーター音が一瞬変わったかと思うとガチャリとB面へ。
                    今までの静かな時間が無かったかのように再び流れるメロディー。
                    B面が終わると…今度は余韻を味わうかのような無音のアウトロ。。。

                    CDデッキはディスクを挿入するとすぐに良い音で流れ始めます。
                    選曲も思いのまま。
                    気に入らぬ曲があれば一瞬でジャンプ出来ます。
                    便利ですね。
                    私のiPhoneからも音楽が簡単に聴けますし、今は携帯電話から音楽が聴ける時代なんですよね。

                    便利とは

                    時間が短縮できるものだったり、

                    今まで出来なかったことが簡単に出来たり、

                    色々あると思うのですが、少なくとも当時、CDからテープへダビングしている私は不便を感じてはいませんでしたし、その作業を「愉しみ」として行っていました。
                    歌詞カードを読み、曲名をカードに書きながらのダビング作業。
                    楽しかったなぁ。

                    現代、欲しい物も情報もすぐに手に入る時代になりました。

                    分からない言葉は辞書ではなくインターネット検索で。
                    列車の終電時間も一発検索(でも逃すのはなんでだ・・・笑)。
                    友人の電話番号も住所も誕生日も携帯電話が暗記してくれる。
                    昔はちゃんと覚えていませんでしたか?
                    辞書を引く途中で隣の気になった言葉の意味を読んだりしませんでしたか?

                    苦労しなくても得られる物と愉しみながら得られた自分だけの物。
                    そして便利さの陰で消えていった多くの時間。
                    デジタル依存の時代。
                    何でもスピード重視な世界。
                    お店でも待ち時間があるのは良くない風潮が。
                    何処ぞのファーストフードは注文してから何十秒でお届けとか。

                    何をそんなに急いでいるのでしょう。

                    私にとってはちょっぴり時間の流れが早過ぎると感じる時もあります。
                    おつりのお札を貰って、まだ財布に入れる前に小銭を渡そうとする…、それは違うか(^^;
                    もっとのんびりとした流れの中で見えてくる心の余裕とでも言いましょうか。
                    まあ、私みたいな遠回り人生を送っている人の意見なので、
                    まともな人生を歩んでいる人からすればどうでも良いことでしょうね。

                    でもね、私は好きなんです。

                    遠回りして目的地へ向かうのが。

                    あえて不便な乗り物で遠くへ行くのが。


                    オートバイや釣りもですねぇ、

                    数釣りゃ良いもんでもないし大きいのを釣れば良いもんでもない、絶対スピードが速けりゃ良いわけでもない。

                    小さい魚には小さい魚なりの愉しみがあり、小排気量車にはそれなりの愉しみがあるもんです。

                    モノに対する価値観は人それぞれですが、価値は人が決めるのではなくて自分が決める物。

                    カセットテープ。

                    いくら音が飛ぼうが擦り減って音質が悪かろうが、このテープ達は宝物でしたね。

                    時代と共に消えてゆく時間、物はたくさんありますが、いつまでも良い思い出です。

                    「愉しみ」

                    これからも大事にしたいですね。

                    えっ?カセットテープって何ですかって?

                    そんな時代なんですか?私は昭和の人間なんですねぇ(笑)

                    待つことも楽しみましょう。

                    春はすごそこまで来ています。



                    おしまい
                    | 雑記 | 11:32 | comments(4) | trackbacks(0) | pookmark |
                    歩く人
                    0
                       2月24日(日)

                      解禁前の渓を歩いてみました。
                      先日の体調不良のおかげで身体がなまりっぱなし。
                      しかも昨年は登山が出来なかったし、とにかく少しでも良いので山の中を歩きたかった。


                      トラス橋フェチにはたまらない一枚。たまりません。


                      連なる氷柱。綺麗。


                      川岸は結氷していた。まだ此処は冬の世界。


                      やがて新緑に包まれるだろう。


                      休憩。柔らかな日差しに春を感じました。小さな魚影も。


                      退渓。

                      都内といえども渓は険しく高巻き箇所がある。
                      単独なので無理をしない。
                      簡単なルート以外はその都度林道へ上がった。

                      肝心の魚影は…多くない。
                      10センチ程の魚影は各所で確認出来たが、6〜7寸の魚影は数える程しか確認出来なかった。
                      まだ深い淵の底で春を待っているのだろうか。
                      暖かくなった頃に一度竿を出してみようと思う。
                      そして時間があれば、さらに上流部も歩いてみたいと思う。

                      帰りはTOKYOトラウトカントリーにて暖をとらさせていただいた。
                      暖かい甘酒が身にしみました。
                      御馳走様でした。

                      おしまい
                      | 雑記 | 10:52 | comments(4) | trackbacks(0) | pookmark |
                      シールドビーム
                      0


                        ウチのボロ車。

                        見たことある人は分かると思いますが本当にボロです。
                        河原なんかでも、すぐに私の車とわかるので便利なのですが(^^;

                        ボロと言っても洗車は年に一回クレンザーでちゃんと?やりますし、不具合箇所はしっかり直して乗っています。

                        元々、無料でいただいて8年、大きなトラブル無く走っていますが、左のヘッドライトが点灯しなくなりました。
                        これで二回目かな。

                        んじゃ、ライトバルブ交換だね〜

                        と言いたいところですが、今となっては豪華な「シールドビーム」が採用されています。
                        これはライトユニットごと交換するタイプです。
                        昔の車や単車のライトはシールドビームでしたよねぇ。
                        このシールドビームですが、今となっては入手が難しい時代でございます。
                        新品の値段も昔の感覚で頼もうものならエライ目に遭います。
                        結局、前回は中古品で直しました。

                        H4バルブを使用できるタイプに交換するのも手なんですが、5000円投資するのが勿体無い。
                        と思ってたらバルブ切れ二回目。やっぱ前回に交換すべきだったかな。。。

                        ということで片目走行は危険なので早く直さないとです。
                        決断しなければ〜!!

                        おしまい

                        | 雑記 | 12:27 | comments(4) | trackbacks(0) | pookmark |
                        << | 2/7PAGES | >>