CALENDAR
S M T W T F S
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031    
<< October 2017 >>
PR
ARCHIVES
CATEGORIES
MOBILE
qrcode
<< 小ネタ <F650GSダカール> | main | 行く年。SAYONARA 2014 >>
晴れのち…ハイク
0
    晴れのちバイク??
    いえいえ、今日は晴れのちハイク!!


    日曜日、遅く起きた朝は…、晴れのちハイキング。青梅丘陵を歩いてきました。
    今日はのんびり電車で青梅駅下車。忘年会翌日の二日酔いだから電車ってわけでは…^^;


    落ち葉のじゅうたんを歩く登る、登る歩く。
    あ、休憩場所発見!あと少し頑張れ自分。


    眺めよし。インスタントな棒ラーメンタイム。


    整備されたハイキングコースです。


    アップダウンを繰り返す尾根道が気持ちよし。
    かつて、青梅杉や西山材で栄えた林業地らしく針葉樹が広がりますが所々に落葉樹も見られましたよ。


    遥か向こうに男体山も見えるらしい。
    たしかに真っ白な山々が見えます。写真だとうっすらしか見えませんね。。。


    お城あったんですね。


    登り下りを繰り返す。
    やはり膝が少し痛みました。
    先日の転倒のダメージですね…。


    そして、お目当ての雷電山到着!
    かっこいい名前で気になっていました。
    展望は…、見てのお楽しみ??


    榎峠まで一気に下り、平溝川沿いを歩きます。
    萌ヤマメちゃん探したけど…、萌ハヤちゃんのみでした。
    って…、ハヤには萌えん^^;


    時間があったので青梅街道を歩きます。軍畑大橋付近、本流ヤマメの好ポイントなんだよなぁ。
    疲れたので石神前駅で乗車しました。


    福生に寄り道。チーズ&オリーブでマスターの長谷見さんにぎっくり腰のその後を報告(笑)


    そして、立川のまたぎやさんへハシゴ。
    ビールで乾杯!電車ハイキング、病みつきになりそ^^;

    さて、次は何処行きましょ。
    晴れのち…。

    おしまい
    | 登山&ハイキング | 23:14 | comments(4) | trackbacks(0) | pookmark |
    スポンサーサイト
    0
      | - | 23:14 | - | - | pookmark |
      コメント
      おはようございます。
      ハイキングはした事ないですね(汗)
      と言うか山登りはした事がなく沢登りオンリーですね(笑)
      やはり水がそばにないと頭の皿が乾いてしまいます(爆)
      \(◎o◎)/!正体バレてしまいそう〜
      あっエンジンヘッドのクーラントの事ですよ〜
      あれぇ〜ハンターカブは空冷でしたね(^_^;
      兎に角リハビリバイク?ハイクお疲れ様でした♪
      | 山女魚 | 2014/12/26 7:49 AM |
      お疲れ様〜〜〜
      前日の24日にまたぎやさんに行ってきたよ〜。
      年明けの1月7日、王国にて新年会という名の呑み会をします。
      詳細は決まっていませんが、基本お昼以降は出入り自由です(笑)
      | 王妃 | 2014/12/26 9:56 PM |
      山女魚さん、こんばんは。
      お返事遅くなり申し訳ございませんでした。

      沢登りやられていたのですね。
      きっと軽やかな足取りで沢を詰めていかれたのでしょうね。
      って・・・、カッパ??山女魚さんの正体はいったい??
      あるときは山女魚、あるときはタナゴ、ワカサギ、そして空冷(笑)
      ちなみに私は空冷シングルです。
      水気の無い干物男の独身者ですね(爆)
      | こば | 2014/12/30 11:16 PM |
      王妃さま、ご連絡ありがとうございます。
      24日、行かれたんですね。
      私、一人でロンリークリスマスイブしてたのにィ・・・、誘ってくれないなんて・・・、こばちゃん泣いちゃってましたよ(笑)
      7日ですか??思いっきり平日ですね(^^;
      仕事でして帰宅は9時を回ってしまいます。。。
      王国乱入のチャンスが。。。
      | こば | 2014/12/30 11:20 PM |
      コメントする









      この記事のトラックバックURL
      http://harenoti-blog.jugem.jp/trackback/446
      トラックバック