CALENDAR
S M T W T F S
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031 
<< March 2017 >>
PR
ARCHIVES
CATEGORIES
MOBILE
qrcode
<< 庄内鮎紀行 | main | TENKARA DREAMER >>
スポンサーサイト
0

    一定期間更新がないため広告を表示しています

    | - | | - | - | pookmark |
    聞かぬは一生の恥…
    0
      今シーズンのとある日、Fishing Team釣り天狗の頑張照蔵さんと細山長司さんとの釣りにご一緒させていただく機会がありました。
      細山さんはあの細山さんです。
      頑張照蔵さんと細山さんは古くからの友人なのです。ビックリ…
      そんな釣りにお誘いいただけるなんて夢のようで前夜はお二人が私の部屋にいらっしゃる夢を見ました。
      あちょー!私の部屋汚いですって〜!!
      片付けして座布団敷いて…、
      あっ、夢か(笑)

      ってな朝でした。マヂで^_^;

      そして当日、まだ暗いうちに河原でご挨拶。
      もうドキドキがムネムネしています。
      しかし、そんな気持ちを和らいでくださる自然体の細山さん。
      なんて素敵な方なのだろうと思いました。

      その日、私は竿を出す気はありませんでした。
      とにかくひとつひとつの動きを舐めるように見させていただこうと決めていました。
      夜明けから昼まで金魚のフンのようについていきます。

      しかし午後、私は竿を伸ばしてしまいました。
      川を前にして、釣りたいという欲求に負けました。
      釣り人の嫌らしい心。
      目の前で釣り上げたい。
      この気持ちは一体なんなのだろう。
      釣りとは魚との勝負なのに、時として人より釣りたいとか格好良く見られたいとか…不純な気持ちが現れるのです。
      全ては自分の弱さだと思っています。

      そして結果は撃沈。
      夕刻、焦る私。
      水面を誘う毛鉤にでた魚が乗らず、毛鉤を見たら…針先が折れたまま釣っていました。
      自分の未熟さに怒りと同時に納得。
      私は長い人生のたった一日すら我慢出来ない愚かな人間なのだと。
      そんな釣り人として人間としての当たり前のことが出来ていない。
      未熟さを感じた一日でした。
      釣り師になる前に一人前の人にならなくてはいけない…。

      細山さんは「てんから」も凄腕。
      夕まずめに良型ヤマメを釣っていました。
      細山さんの背中を目に焼き付けた一日。
      頑張照蔵さん、細山長司さん、ありがとうございました。



      おしまい
      | 雑記 | 14:50 | comments(8) | trackbacks(0) | pookmark |
      スポンサーサイト
      0
        | - | 14:50 | - | - | pookmark |
        コメント
        こんばんは
        凄い人たちと一緒に釣れるなんてこばさんも凄いですね。
        でもその前で一匹掛けてしまったら夢が壊れたでしょうね。
        こばさんは鮭をテンカラで上げた第1号の釣り人なのですよ。
        もしかすると細山さんも知っているのかも知れないですよね♪
        その毛鉤に感謝しましょう!
        | 山女魚 | 2014/10/08 9:31 PM |
        いやらしいところがあるから人間らしいわけで。

        こばさんが人間と確認されたのはたいへんに喜ばしい☆

        祝人間。
        | ヨウイチ | 2014/10/10 9:21 PM |
        管理人様
        あの節はお世話になりました。
        細山氏とは長いお付き合いをさせていただいておりますが、本当に温厚で釣りだけではなく『人』として色々と勉強させられるところがあります。勿論釣りも凄くて本流釣りを始め、渓流釣り、てんから、ワカサギ釣り、はたまたヒラメ釣りも凄いです。野生の目を持っているというか、タイミングを逃さないというか、押さえる所はしっかり押さえる人です。
         多摩川山女魚道に入っているわけでもない僕がこうしてお付き合いをいただけていること自体が奇跡だと思ってます。
         また機会がありましたらご一緒しましょう。彼の釣りを見て『凄い』と思える人は、そこまでのレベルに達している人だと思います。ですから自分が上達すればするほど彼の凄さが解って来ます。日々精進すれば、この次にご一緒する時はきっと新たな彼の『凄さ』をみつけることができると思います。

         まずはあの川でまたお会いましょう!
        | 頑張照蔵 | 2014/10/12 2:44 AM |
        釣りって人生そのもの by 店長に昇格した上野村民
        | 壁 | 2014/10/12 7:27 PM |
        山女魚さん、こんにちは。
        あの毛鉤がまさに今の私の姿ですね。
        凄いのはまわりにいらっしゃる御方です。
        鮭釣りも私一人では行くことすら出来ませんでした。
        こんな素敵な方々に巡り会える私は幸せ者ですよね。
        山女魚さんもそのお一人ですからね!
        | こば | 2014/10/15 2:26 PM |
        ヨウイチさん

        嫌らしい部分を抑えることが出来なくては一人前の人間にはなりませんな。
        お互い変態?な趣味は隠すことにしましょう(笑)
        | こば | 2014/10/15 2:29 PM |
        頑張照蔵様
        その節はありがとうございました。
        細山さんの凄さ…言葉で説明できるものでは無く何かを感じただけの私です。
        それは釣り技術云々を超えた釣り師の在り方?哲学というか、私の心に突き刺さるものでした。
        ご一緒した翌週、何故か私は一つのポイントで一匹の魚を「てんから」で狙い続けました。
        それは今思うに細山さんから感じた何かを見つけたかったのかもしれません。
        次にご一緒出来る時までには少しでも見つけたいです。
        昨年の鮭釣りから始まり、頑張照蔵さんのおかげで様々な貴重な経験が出来ました。
        この場をお借りしてお礼申し上げます。
        ありがとうございました。
        次回の犀川、そして鮭釣りも宜しくお願いいたします!
        | こば | 2014/10/15 2:44 PM |
        壁さん、いや、壁店長!
        ついにボスに君臨しましたか!
        では私を雇ってください(笑)

        釣りと人生はシンクロする…度々私のブログでも書いてきたことですね。
        壁さんはこれで来年も釣果急上昇!
        私はヒラのまんまで萌ヤマメ専(笑)
        | こば | 2014/10/15 2:47 PM |
        コメントする









        この記事のトラックバックURL
        http://harenoti-blog.jugem.jp/trackback/434
        トラックバック