CALENDAR
S M T W T F S
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031    
<< October 2017 >>
PR
ARCHIVES
CATEGORIES
MOBILE
qrcode
<< 寒中テンカラはいかが? <告知編> | main | 年の瀬 >>
冬の日曜日
0


    近所に遊歩道があるのですが微妙な曲がり具合…、暗渠の上ですね。



    しばらくすると姿を現すのですが水は無し…、まだ地下を流れてますね。



    やっと現れた(^-^)



    さてと^_^;



    釣り開始です。
    ウチから10分くらいの場所。
    吉茸さん、ありがとうございました^ ^





    オイカワちゃんの冬ごもり場所でした。



    誰の子でしょうね。





    こっちは鯉氏しか居なかったなぁ…

    幼い頃は田んぼしかなくて…、もっと広くて水草が揺れる流れだったんだけどなぁ…

    おしまい

    新春のテンカラ集いですが、参加表明いただきありがとうございました。
    イケメン揃いですね(笑)
    楽しみにしています。
    まだまだお待ちしています。

    詳しくは…一つ前の記事へ(^-^)/
    | 小物釣り | 15:10 | comments(8) | trackbacks(0) | pookmark |
    スポンサーサイト
    0
      | - | 15:10 | - | - | pookmark |
      コメント
      自宅から10分で釣り場とはいいですね。
      これでマブナとかタナゴがいれば楽しい田園風景の楽しい釣りなんですが贅沢言っちゃダメですね(^^;;
      自分も近場開拓してみます!
      | 吉茸 | 2013/12/25 8:10 PM |
      こんばんは
      こんな所から水路が有るのですか?
      ビックリしました。
      それにしても水が綺麗ですね♪
      オイカワも釣れると良い走りをするので楽しいですよね。
      今度はオイカワテンカラで吉茸さんと勝負ですか(笑)
      | 山女魚 | 2013/12/25 9:38 PM |
      あぁ、最後の画像でわかった、アソコかぁ。

      アソコはいいよね、程よく繁って、湿り気もあり……(´Д` )
      | ヨウイチ | 2013/12/26 10:18 AM |
      吉茸さん、こんにちは。

      居れば楽しいですよね!
      三面護岸にならなかったのは救いですね。
      大水で下流の暗渠へ流れないかだけが心配です。

      吉茸さんの方だと…、N川かな?小さな用水路は季節によって干上がりますね^_^;
      | こば | 2013/12/27 2:35 PM |
      山女魚さん、こんにちは。

      この水路は隣町の多摩川から引かれたもので、かつて田圃への水供給をしていました。
      今でも細かい分流がたくさんあるのですが、暗渠になったり干上がったりしていますね。
      やまべ(おいかわ)も多摩川から落ちてきたのでしょう。
      河床が掘れていないので居場所が無くてかわいそうでした。
      多摩川はだいぶ綺麗になりましたね。

      次回は吉茸さんと…山女魚さんも是非(笑)


      | こば | 2013/12/27 2:41 PM |
      ヨウイチさん、毎度です。

      わかるでしょ?
      めっちゃ近所ですね。
      崖の湧水あたりはジメジメしてるから蛇も出ますね〜
      あ、ヨウイチさんも蛇?を出さないように(笑)
      | こば | 2013/12/27 2:43 PM |
      程よく繁って、湿り気もあり>ヨウイチさん>素敵な表現であります。も・も・妄想がぁぁぁぁ〜(^^)あへ!?

      あ!「蛇」ではなく「蚊」ですな、わたくし・・・(涙)
      | 専属運転手 | 2013/12/27 7:31 PM |
      運転手さ〜ん、ヨウイチさんのコメントに反応しちゃダメです(笑)
      反応するのは毛鉤だけにしましょう(^^;

      それにしても「蚊」って…、刺された人は大変ですね(汗)
      | こばっち | 2013/12/28 10:16 AM |
      コメントする









      この記事のトラックバックURL
      http://harenoti-blog.jugem.jp/trackback/403
      トラックバック