CALENDAR
S M T W T F S
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031    
<< October 2017 >>
PR
ARCHIVES
CATEGORIES
MOBILE
qrcode
<< 梅雨明けだよ!神流川鮎テン釣行 <前編> | main | 購入後メンテ・小ネタ編 <F650GSダカール> >>
梅雨明けだよ!神流川鮎テン釣行 <後編>
0
     7月14日(日)

    二日目の朝、早起き出来ませんでした(^^;
    何故なら・・・

    車の中に蚊が…(汗)

    参りました。
    夜中にテント張ろうと思ったくらいです。
    最後は眠気が勝り、蚊には血をおすそ分けしました(泣)

    あと・・・、あまり書きたくないのですが、真夜中にいらしたキャンピングトレーラーを引いてきた人が、広くて空いている河原なのに何故かすぐ隣に駐車して、トレーラーの切りかえしに数十分…、その後、電動ドリルでガリガリ音を立てて設置したりして煩かった。。。
    まあ、キャンプ場では無いので何も言えません。
    朝も此方を見ようともせず挨拶も無し、可愛いお子さんがいらっしゃる良いご家庭だと思いますが、せっかくキャンプに来たのだから…、お父さん。子供にもっと教えることがあるでしょう。
    もっとも、こんなボロ車のおっさんなんて相手にしちゃいけないってか(笑)
    文句述べてすみません。。。

    でもキャンプするなら、やはりお互いに気をつかいたいですね。
    夜10時以降は静かに。。。
    夜中に来なければならない事情があるのは私も同じです。
    お互いに良い休日を過ごすよう譲り合う、気をつかうことが一番大事だと思うのですが。。。

    さてさて、再び6時起床でしたが釣り人が居なかったので軽くテンカラを…、得意?のサンダル穿きで(^^;
    結果・・・

    撃沈ボ・・・

    昨日とは打って変って反応すらありませんでした。
    テンカラの神様は昨日で去りましたね(笑)
    ゆっくりと朝食を取り、鮎釣りに行くことにしましたよ。



    今日は思い切って上流部へ行ってみることにしました。
    渓流ですね。
    鮎の姿が見えるところで竿を出してみることに。
    時間は10時。



    浅瀬は青ノロが酷く、このような深場に溜まっているようです。
    ここで一匹!
    しかし、型が小さめなのと張り出した木々が邪魔で思うように攻められません。
    9mの竿じゃ長過ぎですね。
    一時間くらい粘りましたが完敗。
    見える鮎を横目に諦めることにしました。
    次回は短竿で挑戦じゃ!



    ということで、各地区を見て回りましたが、結局昨日と同じ場所に来ちゃいました。
    昨日の釣り残しを狙う作戦です。
    他の鮎師さんがいらして思うように攻められませんでしたが、要所要所で掛かりました。
    ちなみに写真の場所で2匹。

    河原を歩くと・・・

    ぎゃ!蛇!(嫌) 撤収~!(泣)



    ちょっとずつ上流へ釣り歩き、こんな場所では見釣りもしました。
    スルスルと上流へオトリさんを泳がせます。
    対岸寄りの流れでグワン!と目印が吹っ飛びました。
    こんな感じのところで3匹追加。
    水が綺麗で魚が見えるので、このように魚から見えない立ち位置で狙うと良かったです。

    さらに上流へ釣り歩きましたが良さそうな場所も無く時間も4時。
    納竿することにしました。
    釣果6匹。またまた針も飛ばされたけれど楽しかったです♪
    神流川の鮎、面白いですね〜

    さぁ~て、決戦の地へ(笑)



    夕方5時を過ぎました。
    お魚ウォッチングをしているとお仕事の終わったさんご登場。お疲れ様でした!

    さんもこの場所は今季初だそうで、下流から二人で釣り上がることに。
    先行させていただき申し訳ございませんでした。

    えへへ。勝負なのにいいんですか?(笑)

    釣っちゃいますよ〜!!??

    では、釣り開始~!!勝負!勝負っ!(笑)


    おチビ、その一(汗)


    おチビ、その二(汗々)

    下を釣り上がるさんをチラ見・・・

    釣ってるじゃん(滝汗)

    私の釣り残しどころかしっかり釣ってますって。さすがです。



    一番良い場所を譲っていただきました。

    「私は何時でも出来るから、こばさん釣ってください」

    釣っちゃいますよ〜?(笑)

    なんて・・・、壁さんお気遣い本当にありがとうござました。

    岩に隠れてキャスト。
    護岸ギリギリで反応するもダメ。。。
    その後、白泡でおチビが一匹。。。
    でも粘ります。
    暗くなってきました。
    奥の流れ込みへ。。。
    そして静かに出ました。



    えーっと…、9寸ちょっとくらいでした。
    ヤマメちゃん、ありがとう!
    そして、壁さんありがとうございました。

    その後は、真っ暗になるまで壁さんと並んで釣りました。
    毛鉤も見えないので手感と音で釣る・・・、難しかったです。
    そこで・・・

    壁さんが釣るわ釣るわ・・・

    終わってみれば壁さんが軽くツ抜けして13〜4匹くらい。
    私は…おチビ含め4匹。。。

    結果発表〜!!

    「壁師匠と呼ばせてくださいm(_ _)m」

    すっかり暗闇になりました。
    二日間終わってしまった。。。

    壁師匠と握手を交わしてお別れしました。
    また次回ご一緒お願いいたします。
    今回の釣行、事前のアドバイスから当日までとても心強かったです。
    初めての川で充実した釣行になったのも壁師匠のおかげです。
    改めて・・・

    ありがとうございました。

    また…、勝負!勝負っ!(笑)

    なんて言いますがテンカラも鮎も対戦相手は人では無く魚です。
    デカイヤマメもおチビなヤマメも釣れればありがたいです。
    あくまでブログ上の演出なのでご理解を(^^;

    釣りは楽しいですね。
    でも楽しいのは釣りだけじゃない。
    川へ向かって運転する時間。
    川の空気。
    山に差し込む陽の光。
    入道雲。
    そして、素晴らしい釣友との時間。
    あ、あとは少しのお酒かな(笑)

    どれも私の釣りに欠かせないもの

    nonちゃん、壁さん、楽しい釣行をありがとうございました。
    またご一緒出来る日を楽しみにしています。

    神流川の余韻に浸りながら帰路につきました。
    これでしばらく釣りに行けないんだなぁ。。。

    次回は「死闘!?テンカラで挑む北海道スーパーモンスターレインボー対決編」です。
    いつものオチにご期待くださいね!

    おしまい
    | 鮎&テンカラ釣り | 14:46 | comments(10) | trackbacks(0) | pookmark |
    スポンサーサイト
    0
      | - | 14:46 | - | - | pookmark |
      コメント
      神流川鮎テン釣行後編楽しみに待っていましたよ♪
      やはり蚊の攻撃に遭いましたか?
      それにしても辛い夕方でしたね(涙

      今回のブログでの感じですが、こばさんは手前(下流側)からのアプローチが多ではないでしょうか?
      これだと払い出しに居るおチビさんが逃げ大型に警戒心を与えてしまうと思います。
      壁さんのアプローチ角度は違うと思いますので思い出して見てくださいね♪

      テンカラの面白さはラインの長さや竿の長さ、毛鉤種類では無く全ての動作と魚との駆け引きが大きいからではないでしょうか?
      どうでしょう?今回の勝負は壁さんのホームグラウンドなのですが、やはり壁さんの方がテンカラを楽しんでいるように感じますね。
      上手く表現出来ませんが悪く思わないでね(^_^;
      お疲れ様でした♪
      | 山女魚 | 2013/07/18 3:39 PM |
      こんばんわ。

      神流川、楽しそうですね。
      水も魚も奇麗で楽しめそうな川みたいですね。

      そして毛針と鮎の二刀流楽しめたようで何よりでした。
      遠征お疲れ様でした!
      | 吉茸 | 2013/07/19 12:44 AM |
      よーし!命名!

      こばくん!

      今日から君は「撃沈ポ師匠」で!
      | ヨウイチ | 2013/07/19 10:25 AM |
      山女魚さん、こんにちは。

      小渓流を遡行する時は完全に下から攻めますね(^^;
      広い本流域では最近は釣り下るようにしています。
      今回の神流川は遡行しながら下、真横から攻めました。
      川岸を遡行するのではなく姿勢を低く距離を置いてアプローチには気をつけていたのですが、それではダメなようですね。
      まだまだ勉強が足りません。。。
      こう見えてアプローチには人一倍気をつけていると自覚していました。
      でもテンカラはそれだけでは無いようで、まだまだ知らないことばかりなのですね。

      いま考えている課題のヒントになるありがたいお言葉です。
      これからもご指導宜しくお願いいたします。
      ありがとうございました。
      | こば | 2013/07/19 2:46 PM |
      吉茸さん、こんにちは。

      関東近郊で鮎とテンカラをこれだけ楽しめる神流川は貴重だなと思いました。
      何より川が綺麗でキャンプも気持良く上野村が好きになりました。
      これからも度々訪れることになると思います。
      吉茸さんも一緒に…勝負!勝負!しましょう(笑)
      | こば | 2013/07/19 2:49 PM |
      ヨウイチさんよ…

      だぁかぁらぁ…



      は要らんでしょ〜(笑)
      | こば | 2013/07/19 2:50 PM |
      こばっち様
      低い姿勢からのアプローチ、これは見たわけではないのですが恐らくOKなのでは?
      ある程度の低い姿勢と気を使った歩き方をすればほぼうまく言っているはず!  で、せっかくうまく行ったアプローチの後の第1投が一番大切だと小次郎は思うよ。。。これは経験と実績なんだけど手前からがセオリーだけど一番釣りたい魚がどこにいるか?で、そこに一発目をぶち込み!他のポイントはダメにしても本命にぶち込む!  こんな考え方もありだよ!  なぁ〜んてこんな事言ったらよけいに悩んじゃうよね!(笑)悩むのじゃ(笑)
      | 小次郎 | 2013/07/20 12:20 AM |
      小次郎さん、毎度どうもです〜

      第一投…、手前でチビ…

      私の場合はそれでそのポイントが終わってる可能性大ですね。。。

      がぁ〜!川へ行きたい!川へ行きたい!

      悩まない釣りに上達はありませんっ!!
      これからも悩させてください(笑)

      ありがたいお言葉ありがとうございました。
      | こば | 2013/07/20 10:17 AM |
      しばらくこばちゃんブログが行方不明になってまして〜(笑)
      荒ちゃんに聞いてやっと発見できました!
      スマホって………ウザイ!Σ( ̄□ ̄;)泣きそうです〜(笑)

      私が迷子になってる間に、いろいろ楽しんどるね〜(*^ー^)ノ♪

      キャンプのお父さん………こんなときこそ教えられるのにね〜残念なパパですね!

      それから、真っ暗になってもやってるなんて♪凄いね〜
      私もそんな体力と筋力ほすぃ〜(笑)
      | はな | 2013/07/24 12:13 PM |
      迷子のはなちゃん、こんばんは〜(笑)

      スマホ地獄に陥ってるようですね(^^;
      何が嫌って片手で使えないの(爆)
      文字打ち間違えるの!
      広告ページを何回も間違えてタップしちゃうの(怒)
      以下続々と…(泣)

      私も体力全く自信がありません。
      もやしっこなのですぐにバテます。
      でも意外とタフな一面もあります。
      アスワ川へ一っ飛びしたいです〜
      天然鮎ちゃん入れ掛かりを夢見てます。
      もう何年も体験してません。

      あ、そうそう♪
      秋に初日本海側天然河川行くことになりましたァ!!
      釣りして温泉宿泊まって生ビール飲んで…、楽しみぃ〜
      | こば | 2013/07/24 7:57 PM |
      コメントする









      この記事のトラックバックURL
      http://harenoti-blog.jugem.jp/trackback/348
      トラックバック