CALENDAR
S M T W T F S
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31      
<< December 2017 >>
PR
ARCHIVES
CATEGORIES
MOBILE
qrcode
<< キャブレター不調について☆セロー (その2) | main | 奥多摩川ヤマメ釣行・春、桜、雨。。。 >>
スポンサーサイト
0

    一定期間更新がないため広告を表示しています

    | - | | - | - | pookmark |
    奥多摩川ヤマメ釣行・春到来
    0
       最近眠れないこばです。
      おかげで寝不足気味でございます。
      そんな日曜日の午後、不謹慎を承知で釣りに行ってきました。
      災害だけでなく個人的にもいろいろあり精神的に参っているのですが、そんな時でも身体はいつもの生活リズムを覚えているようで準備してしまいました。
      実は先週、先々週も同じような感じで夕方の2時間程竿を振っていました。
      言おうか言わまいか迷いましたが行ったのは事実ですので正直に書きます。
      リフレッシュさせてもらいました。。。



      見る人が見れば分かるかもしれませんが、ここから1Kmほど上流までがお気に入りの区間です。
      自分では「練習区間」と呼んでいます。
      淵は少なく瀬が多いですが、私は淵より瀬が得意なので好きな区間です。
      ここ数年はなかなか釣り自体に行けませんでしたが、身軽になったので今年は通えそうです。
      奥多摩川に通いはじめて20年くらいになりますが、この辺りの渓相に大きな変化はありません。
      適度に底石もあり、必ずと言っていいくらいヤマメが入っています。
      私は尺ヤマメの経験はありませんが、高校生の頃に尺イワナを上げたこともある場所です。
      午後3時過ぎ、釣り開始(いつも3時から4時くらいに始めることが多いです)。

      本日のタックル
      竿:マミヤOP 峡本流V 70−75
      糸:ナイロン 0.25〜0.3号
      針:袖3.5号、くわせやまめ半スレ5号 他
      エサ:川虫(ヒラタ、キンパク・オニチョロ)

      昨日は暖かい陽気でしたが今日は北風で少し寒い日でした。
      しかし、時期的にヤマメは瀬に入っていると思います。
      釣り始めて5分…



      いきなり来ました!!
      8寸弱、23センチの綺麗なヒレピンヤマメ。(注:ヒレピン=一般に稚魚放流物や天然物を指し、成魚物はヒレが丸いのに対しヒレがピンとしている?感じでしょうか、説明下手ですみません)
      尾びれと側線のあたりの朱色が特徴の奥多摩ヤマメですね。
      流心に入ってました。



      すぐ上の場所で7寸、21センチ追加。
      こちらも流心。



      さらにその上で8寸弱、23センチ追加。

      この場所は先週は6寸1匹、先々週も6寸3匹、5匹バラシの結果でした。注:バラシ=掛けた魚が外れること)
      昨年は分かりませんが今年は魚影が濃いようです。

      さらに上流のポイント、対岸のタルミに振り込んだ仕掛けが流れになじんだところで…

      ズンッ

      と明確なアタリキターッと思ったら…

      フワッ・・・

      0.25号切られました。。。
      というより天井糸の接続チワワの結び目で切れました。
      自分のミスです。

      切れた仕掛けを回収すべく新しい仕掛けを振り込むと案の定引っかかりました。
      お魚さーん…、ついてません。。。
      エサの大きめのオニチョロの尻尾だけ針についてました。

      時間を置いて再度挑戦しても音沙汰無し。
      やはり多摩川のヤマメはワンチャンスのみです。

      この荒瀬の区間に見切りをつけて竿をたたみ上流へ。
      途中、淵やブッツケがありますが釣れたことがないのでスルーします。
      第2ステージ開始。



      対岸スレスレでかわいい5寸強、16センチ。
      尾びれが見事ですね。リリース。
      小さかったのでバレても良いと思い引き抜き。
      峡本流Vは抜こうとするとバレることが多い気がします。下手なだけ?



      こちらも5寸強、16センチ。
      結構いい引きしてましたが引き抜く。
      尾びれが発達してます。リリース。

      この区間は浅い瀬が多いので時期尚早と思い上流へ。
      成魚放流場に近いので釣り人も多いのかもしれません。

      第3ステージは成魚物が混じる区間ですがいるところにはヒレピンが居ます。
      しかし、先週の放流物狙いの人が居た為入れず・・・
      と同時にダムの放水が終わり減水開始。
      これからの時間帯も面白いのですが本日は納竿することにしました。

      と言いたいところですが。
      ある物を取りに車へ…

      テンカラ竿

      振込みの練習です。
      結局近所で練習せずにいきなり本番です。

      しかも…

      ライズしてます(成魚物ですが)

      いつになく緊張してラインを張り準備完了。
      ついに
      テンカラデビュー

      ポイントに届きません(涙)

      3.3mの竿ってこんなに短かったっけ。
      っていうのはいいのですが、かなりロングラインにしないとポイントに届かないです。
      振込み自体はうまく出来たんだかよく分かりません。
      一応飛びました。
      以前友人に借りたフライの振込みをイメージしていましたが、テンカラはラインが軽く少し違う感じですね。
      これはもっと練習しなきゃ。。。
      あれこれやってる間に真っ暗になってしまい終了。。。

      こちらは完敗です。

      ちなみにこの場所では初めて夫婦のイノシシらしき黒い大きな動物に遭遇しました。
      熊ではないと思いますが・・・、次回からは鈴を持参しようと思います。
      | 奥多摩川 | 23:16 | comments(2) | trackbacks(0) | pookmark |
      スポンサーサイト
      0
        | - | 23:16 | - | - | pookmark |
        コメント
        ヤマメさんは召し上がりましたか わたくしも食したことがあります 奥多摩にはイノシシがでるんですね、東京なのに。桜もきれいでしょうね、桜には思い出がある人は多いでしょうがこばさんはバイクでいろいろな所の桜が見れますね
        | オロナミンC | 2011/04/06 8:15 AM |
        今回は20センチ以上あったのでキープさせていただきました。初物のヤマメでしたので母親に食べさせてあげようと冷凍してあります。個人的には持ち帰るのがかわいそうなので今後はあまり持ち帰らないと思います。外来魚のニジマスや成魚放流魚は持ち帰りますけどね。桜は敢えて探しにいくことはありません。どちらかというとひっそりと咲く山桜が好きですね。
        | こば | 2011/04/07 12:49 PM |
        コメントする









        この記事のトラックバックURL
        http://harenoti-blog.jugem.jp/trackback/15
        トラックバック