CALENDAR
S M T W T F S
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031    
<< October 2017 >>
PR
ARCHIVES
CATEGORIES
MOBILE
qrcode
<< だいじな日 | main | 朝練 in 柳瀬川 >>
奥多摩川レポ
0
     先日「TOKYOトラウトカントリー」に向かう途中に下見をしてきました。

    私が練習区間と呼んでいる場所、万世橋から寸庭橋の間です。
    この区間は20年前から渓相の変化が少なく適度に大石のある魅力的な釣り場でした。
    私の好きな渓相の場所でした。
    過去、夕刻のみの短時間で7~8寸前後のヒレピンヤマメを立て続けに釣り上げたこともあり、夢よもう一度ということで通っていました。
    しかし、昨年の台風で大きく変わってしまいました。
    昨年の写真と比べながら説明します。


    (↑)万世橋上流。
    ここは降り口が対岸なので上からしか撮れませんでした。
    ここから下流の万世橋までが良いポイントでした。
    以下、昨年の写真です。







    木が邪魔で同じ場所の写真を撮れなかったのですが今年は砂礫で全て埋まっていました。
    ここから少し上流へ向かいます。
    実際に河原に降りてみました。



    河床がかなり上昇しています。
    白丸ダムの放水が無いので水量も少ないですが、日原川と同じくらいかも。
    同じ場所の昨年は・・・(ちょっと増水しています)。



    ここから少し上の場所。
    今年の状況(↓)



    昨年はこんな感じ(↓)。



    今年は底石が小さくのっぺりとした渓相になってしまいました。
    大石が無いので魚が留まれる深場やタルミが全く無いです。


    砂礫が敷き詰められています。


    遠目に見て良さそうでも近づくとがっかりします。

    対岸の崖のブッツケも僅かに掘れている程度。
    お魚さん達は何処で冬を過ごしているのでしょうか。。。
    生命感を感じません。。。
    とは言ってもお魚さんは水の中から出れないので何処かにいるのでしょうね。。。

    これから出水を繰り返して段々と深場が形成されていくと思いますが、雨が降ってもダム下なので水量の増減が少ないことから回復まで時間がかかると思います。
    増水することにより瀬と淵が形成されていきます。
    また良いポイントになってくれるよう祈るばかりです。
    今年は多くの河川がこのような状況なのではないでしょうか。

    お魚さんもきっと疲れて?いることでしょう。
    渓魚は優しくキャッチ&リリース!!
    皆で釣れる奥多摩川を育てていきたいですね。

    おしまい
    | 奥多摩川 | 15:49 | comments(2) | trackbacks(0) | pookmark |
    スポンサーサイト
    0
      | - | 15:49 | - | - | pookmark |
      コメント
      こんにちは!
      こういう定点観察?好きです。
      でも...よい方向に変わる様子を観察したいものですね。
      | ひろしま | 2012/02/16 10:38 AM |
      どうもです!
      同じ場所の今昔…みたいの好きですね〜
      都市部なんかでも「昔ここは川があって…」と同じ場所に来ると緑道があったりするのですが、そこに古い橋の跡なんかあると…「萌え」ですね(笑)
      | こば | 2012/02/16 2:22 PM |
      コメントする









      この記事のトラックバックURL
      http://harenoti-blog.jugem.jp/trackback/104
      トラックバック