CALENDAR
S M T W T F S
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031    
<< October 2017 >>
PR
ARCHIVES
CATEGORIES
MOBILE
qrcode
やっと10年、まだ10年。。。<セロー>
0
    iPhoneImage.png
    最近、始動性が悪くなったなぁ、と思ってたらインマニがご覧の有様。
    コレ、何回交換したかしら・・・、ヤマハさん、ゴムの品質下げてませんか(^^;
    ついでにキャブも掃除します。

    iPhoneImage.png
    ヤマハさん、この部品もすぐに割れるんですけど。。。
    ハンダコテを使ってクラックを直します。
    また割れるんですけどねぇ。

    iPhoneImage.png
    12万Km使ったフォークスプリングは新品より5ミリも縮んでました(汗)
    フォークオイルも3万Kmぶりくらいかしら、交換しました。真っ黒でした(^^;

    iPhoneImage.png
    バルブクリアランスもついでに調整。IN側が多少開いてました。
    ちなみにポートやらバルブ、燃焼室は鏡面研磨してたりして。
    あ、インマニとポートの段差取りしないで組んでしまいました(^^;マイッカ

    iPhoneImage.png
    なんですかコレ??
    前オーナーによって40ミリ程幅が狭くなっていたのでアルミパイプを旋盤で加工して延長しちゃいました。
    良い子は真似しないように。

    iPhoneImage.png
    そして、リアタイヤもミシュラン・T63を履かせました。
    リアサスのリンク廻りもグリスアップしましたよ。

    iPhoneImage.png
    フロントサスの動きが明らかに良くなりました。
    ハンドル幅もヨシ!

    このセローさん、手に入れたのは・・・2005年の冬だったかしら。
    とあるオートバイ屋の片隅で眠っていました。
    エンジン腰上がバラされたまま、ずーっと放置されていました。
    店主に聞いたら・・・、エンジンが焼き付いてるとのこと。
    ○万でいいよ、の声に二つ返事で手に入れてしまいました。
    そこからセローの再生作業が始まりました。
    エンジンを下ろし、車体もネジ一本までバラバラにしました。
    エンジンはクランクからシリンダ、ピストン、ミッションギヤ、メインシャフトにカウンタシャフトまで交換。
    リアサスも新品、キャブのインナーパーツもすべて新品、などなど。
    結局、中古車一台買えるくらいの金額をかけてしまいました。
    5万Kmで死んでいたセローさん、あれから7万Km走り総走行距離は12万Km。
    まだまだ元気です。
    やっと10年、まだ10年。。。

    早く週末ならないかなぁ。

    おしまい
    | セロー | 00:23 | comments(2) | - | pookmark |
    秋の夜長はメンテをしましょ <セロー>
    0
       シリーズ秋の夜長です(笑)

      久しぶりにセローを綺麗に掃除して各部チェック…

      チェック…

      iPhoneImage.png
      アイタタタ(^^;
      手に刺さったよ〜(痛)イタインダナコレガ

      スロットルワイヤーが切れかかってました。
      早期発見?途中で切れなくて良かったです。
      7年間、48000km近く使ったワイヤーがお亡くなりになりました。
      近衛門さんにいただいていた予備があったので交換しました。
      スロットルが軽くなりましたね♪
      近衛門さんありがとうございました!

      さらにチェック…

      チェック…

      iPhoneImage.png
      アイタタタ(^^;

      これは痛くないですがパッドが無くなりかけてました(^^;アセアセ

      セローさん、他にも交換したいところがあるのですが今回はこのくらいで勘弁してくださいね。。。

      おしまい
      | セロー | 12:22 | comments(4) | trackbacks(0) | pookmark |
      セローおりこうさん??
      0
         ここ最近は全く手のかからない我が家のセロー

        燃費も良いしランニングコストも安いので貧乏な私にはピッタリのオートバイです。
        ちなみに燃費は街中で35Km/L弱。

        と思っていたらシートが破けました(^^;



        まだパックリ逝ってないんで液状ガスケットで穴埋めしてテープをペタッとな。

        シート表皮の値段は・・・9303円

        高っけ~

        しばらくこれで我慢します。。。

        おしまい
        | セロー | 10:22 | comments(4) | trackbacks(0) | pookmark |
        ちょいと浮気ごころ <セロー>
        0
          昨年の話ですが、ジョッパさんセロー250を数週間お借りしていました。



          簡単に説明しますとヤマハ・セロー旧セローのXT225ニュー(新)セローのXT250があります。
          細かく言えば更に何型云々はありますが、とにかく現行モデルは初期の225ccから250ccの排気量にアップしています。
          ヤマハが誇るマウンテントレールのオートバイ。登場は1985年なので25年以上販売する超ロングセラーですね。

          私のセローは旧セロー。
          ジョッパさんのセローはニューセロー。

          当初、このニューセローが登場した時は違和感ありありでした。
          あぁ、こんなんになっちゃった・・・
          旧セローオーナーの心は掴めるかどうか…、と思いましたが、それは食わず嫌いのセリフでしたね。

          今回乗ってみて・・・

          欲しくなりました(^^;

          まぢで(^^;

          今のセローが壊れたらニューセロー買ってもよいな(買えるかは別として)。
          一瞬にして旧セローオーナーの私の心を奪い去りました(笑)

          セローの道はセローでしか行けない

          ということかな(^^;
          軽く吹け上がるトルクフルなエンジン。
          静かな排気音(これが特に良い!)。
          ライディングポジションも旧セローより楽です。
          5速ミッションになり225の6速の忙しいギヤチェンジより少し楽。
          身長175センチの私、旧セローは少し窮屈に感じる時もありますし(←フルサイズのオフ車乗れって言われます)。

          もうすぐ走行10万キロに達する私のボロセローさんと比べるのも良くないですけどね。
          ちなみに今回乗ったのはニューセローの初期型キャブ車です。
          あくまで個人的な感想だし不整地も走っていませんからコアな部分は分かりません。
          一般的?には225の方が山で本格的に走れるという話もありますが、99%街乗りで高速道路を使ったツーリングや林道は年に数回。
          そんなゲロ道は行きませんからね(この前はちょっと入って参りました)。
          また機会があれば次は山道も行ってみたいです。

          古い物が良いとばかり思っていましたが、新しい物にも良い物はありますね~
          ビンテージオフロードの誘惑もあるんですけどねぇ(^^;

          おしまい
          | セロー | 12:11 | comments(6) | trackbacks(0) | pookmark |
          HOW TO キャンプツーリング <セロー>
          0
            キャンプツーリングが大好きな私。
            特に渓流釣りが出来るキャンプは最高です。
            だから海より山にいく方が断然多いです。
            海は正直嫌いです。
            海は怖くて泳げませんが川なら泳げます。

            キャンプツーリング、最近は年に数回しか行けないので、たくさん荷物を載せて走っているオートバイを見ると嫉妬しますね(笑)

            それでは先日のリンテン合宿の時のセローを例に紹介します。
            雨の撤収画像なので汚いです。
            ちなみに2004年から仕様はほとんど変わっていません。
            他の車種でも固定方法はだいたい同じです。



            貧乏くさい?箱仕様です。
            実際貧乏ですから気にしません(^^;
            15年くらい前に買った「JTC」の振り分けバッグ。
            メーカーが無くなったのいつでしたっけ(汗)
            かなり丈夫です。



            箱はタイダウンで固定します。
            前後に動かないように取り回すのがポイントでしょうか。
            緩んだことは一度もありません。
            以前はナイロンベルトとバックルを組み合わせた自作品を使っていましたが、バックルの強度と耐久性に問題があったので止めました。
            今後はタイダウンを美しく固定するよう考えます。



            振り分けバッグを箱に固定して、荷物が一体となるようにしています。
            固定部分を2箇所にすることで力を分散、さらに万一の際の脱落を予防する目的もあります。
            非常に安定度は高いです。
            ダートも飛ばさなければ普通に走れます。


            ちなみに箱の蓋の裏側はゴムネットを張り巡らした小物スペースになっています。
            予備のプラグ、電球類、ガムテープ、救急道具などの小物を収納。
            普段はバンダナなどで覆って見えないようにしています。


            連泊の際に気になる携帯電話と充電式電池の充電も可能です。
            バッテリー電源から100V変換器を介して充電します。

            細かいキャンプ道具の紹介はまたの機会に。
            たいした物は使っていませんけど。。。

            おしまい
            | セロー | 15:32 | comments(4) | trackbacks(0) | pookmark |
            長旅前にセローを整備!
            0
              4月30日(月)

              只今午前1時過ぎ…、久しぶりに午前様の帰宅です。
              仕事が終わった後にセローの整備をしました。
              最近面倒を見ていなかったので交換部品がたまっていました。



              前後タイヤにチェーン、前後スプロケット、チェーンスライダー、ブレーキパッド。
              スライダーはスイングアームを外さないと交換できません。



              スイングアームを外したついでにリアサスペンション廻りをバラして掃除してグリスアップして組みました。
              交換するのは楽ですが、古いグリスなどを掃除している時間の方が長いのです。
              手が真っ黒(^^;



              タイヤはこればかり履いてます。
              99%は通勤ですが残りの1%のダート走行の為にオフタイヤを履きます(笑)

              さて、深夜で妙なハイテンションなので今から毛鉤を巻いてから寝ることにします。
              遠足前の子供みたいですね。。。

              おしまい

              日曜日の午後は「TOKYOトラウトカントリー」のお手伝いをしてきました。
              写真を撮っていないので詳しくは「トラウトカントリーブログ」もしくは「吉田毛鉤会ブログ」をご覧ください。
              ちなみにイブニングは奥多摩駅下日原川で撃沈しました(再泣)
              | セロー | 01:54 | comments(2) | trackbacks(0) | pookmark |
              セロー・ロッドホルダー製作 <番外編>
              0
                 

                セローに自作ロッドホルダーを装着しています。
                Joppaさんから頂いたロッドケースを車体に装着して鮎釣りも行ける仕様になっています。
                詳しくはコチラ



                リアボックスとの兼ね合いで角度が立ってますが乗車時のヘルメットよりは低いので大丈夫?
                白バイさんに聞いてみようかしら。
                リアボックスも45Lなので渓流から鮎釣り道具一式収めることが可能です。
                あとはオトリ缶が装着できたら最高なんですけど。

                昨年、Joppaさんのセロー250用も作って使っていただいていましたが、今回新たに作り直しています。
                昨夜、試作品を合わせに行きましたが大丈夫そうなので、これから仕上げようと思います。



                とりあえずこんな感じ。



                下から見た図。
                蝶ネジを使っているのは違う径のホルダーに交換できるようにする為です。



                こちらが車体側。
                タンデムステップ部に固定します。
                タイラップは後ほどステンレスバンドに交換、ステーも塗装します。

                ということで今年もバイクで釣りに行きまくります〜

                おしまい
                | セロー | 11:01 | comments(8) | trackbacks(0) | pookmark |
                セロー&電熱ヒーター
                0
                  今年は「Widder」というメーカーの電熱ヒーターを着用してセローに乗っています。
                  「K&H」の上山さんから譲っていただきました。



                  これに脱着可能の袖がついていますが、袖部分はあまり暖かくなりません。
                  しかし腰と首が暖かいのでかなり快適です。



                  調整ダイヤルです。
                  「1〜7」までありますが「1」で十分暖かいですね。
                  一度温まったらスイッチを切ってもしばらく暖かいです。



                  バッテリーからフューズを介して電源を取っています。
                  ちなみに左下のパイプはロッドホルダーです。



                  ベスト裏に配線を繋ぎます。
                  薄着で乗れるので乗っていて楽ですね〜
                  途中で壊れたら地獄ですが(^^;

                  これは古い型の物なのですが、最新の物はコントローラーがリモコンになっているらしいです。
                  電熱グローブやパンツにも繋げるらしいので全身ポカポカですね。
                  冬は遠出もしないので私はこのベストで十分ですけどね。

                  試しにSDRでも使ってみましたがバッテリーの容量が足りずダメみたいです。



                  今朝も柳瀬川でテンカラの振込み練習をしてきましたが、風が強くてあんまり練習になりませんでした。。。
                  川には風がつきものなので少しでも見方にして振り込めるようにならなきゃですね。

                  おしまい
                  | セロー | 14:59 | comments(2) | trackbacks(0) | pookmark |
                  たまにはオートバイネタでも…、といいつつテンカラネタ
                  0

                    昨年のキャンプ釣りツーリング時の写真です。

                    ウチのヤマハ、セローは1996年式。
                    走行距離は87000Kmを超えたので年内には10万Kmに達するかもしれません。
                    225ccという小排気量で10万キロ走るということは…、相当なボロ。
                    最近は色々な所からカタカタ、ガチャガチャと音がしています。
                    ただ、このセローのエンジンはロングセラー(だった)なので熟成されています。
                    丈夫なエンジンなので10万キロ走る人も珍しくないようです。

                    セローの1985年から発売されているロングセラーのオートバイ。
                    フルモデルチェンジこそされましたが今でも販売されています。
                    とても乗り易く初心者から女性、ベテランまで幅広いユーザーに乗られています。
                    セローとはカモシカの意。
                    自然に深く入り込む「マウンテントレール」がコンセプトのオートバイです。

                    はっきり言って遅いですが楽しいです。
                    出来ることなら一生乗り続けたいですね。



                    真ん中の黄色い樹脂部品、チェーンガードについにヒビが入ってしまいました。
                    これは年式相応なので走っていなくてもボチボチ寿命の部品。

                    品番:1KH−22151−00
                    値段:3,455円

                    普通に5000円くらいすると思っていましたが意外に安かったです。
                    これもセローユーザーが多い証拠か。
                    ちなみにこの部品はリア廻りを全部外さないと交換できません。

                    前後タイヤ、リアブレーキパッド、チェーン、前後スプロケット(歯車)、スピードメーターギヤ…、今年は要交換部品が多い。。。
                    タイヤとチェーンを交換する時に一緒に交換しよう。




                    ところ変わって今朝の柳瀬川。
                    キャス練を始めようとしたら散歩中のお兄さんが話しかけてきました。

                    「釣りですか?」

                    と聞かれたので、

                    「テンカラの振込み練習ですよ」

                    と返答。
                    するとこの辺りでフライやルアーをやるそうで色々と教えてくれました。
                    数日前もフライでオイカワさんが釣れたそうです。
                    暖かくなればこの辺りでも釣れるが、やはり下流の方が良いとのこと。
                    また、鮎の遡上と同時にマルタウグイも上がってくるそうです。
                    楽しみですね~
                    しかし、心無い乱獲で年によってバラツキがあるそうです。
                    どうすれば良いものか。。。

                    ちなみに柳瀬川でフライを振る人は多いらしいです。
                    あと、ルアーではナマズ氏も釣れるそうな。

                    今日は30分程の練習でしたが、少し得るものがありました。
                    手の力がいい感じに抜けていて、軽い振込みでフワ~と飛ばせました。
                    昨日は力の入れすぎでした。
                    肩の力を抜いて竿のしなり具合やラインの重みを感じて振り込むと軽い力で飛ばせました。
                    「抜き」も何となく分かったような分からないような(^^;
                    次回は目を閉じてやってみよう。
                    でも体に染み付いていないので翌日になるとまた一からだったりするんですよね・・・。
                    楽しみながら頑張ります〜

                    おしまい
                    | セロー | 23:20 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
                    ロッドホルダーを作ってみた・セロー
                    0

                       先日、ジョッパとお会いした際にオートバイでの釣竿の運び方の話をしました。
                      肩に担いでいると言ったら…、

                      「危ないね」

                      と言われちゃいました。
                      やはり高価な釣り竿、大事に持ち運びたいものです。
                      するとジョッパから素敵なプレゼントを頂戴しました。

                      アルミパイプのロッドケース!!

                      使い込んだ味のあるケースを頂きました。
                      この場をお借りして改めて御礼申し上げます。
                      ありがとうございました。
                      大事に使います。

                      早速、ロッドケースホルダーを製作することにしました。
                      最初は簡単にヒョイヒョイと作っちゃおうと思いましたが、なかなかアイデアが浮かびませんでした。
                      DIY感出てますが自分のですから良しとしましょう(^^;



                      こんな物たちを用意しました。
                      ステーはその場で合わせながら作りました。
                      ゴムバンドはヤマハの車種不明ですがバッテリーホルダーです。
                      パイプはホームセンターの水道部材コーナーで100円くらいだったかな。
                      寄せ集めなので総費用1000円もかかってません(^^;



                      底部はこんな感じ。
                      水色の部分はカラーに水色のフューエルホースを通しただけです。
                      一応、パイプのアールに合わせて削ってあります。


                      あれっ、写真がピンボケしてる(^^;

                      左のタンデムステップを取り外して取り付けます。
                      何だか安っぽい(汗)




                      ヘルメットホルダー横とリアBOXの背もたれ取り付け部にそれぞれゴムバンドをステーを介して取り付けました。
                      最初はロッドホルダーを装着したままだとリアBOXが開けられないなぁ、と思っていたのですが10センチくらいは開けられるのでちょっとした物は出し入れできそうです。
                      とは言ってもリアBOXは釣具を詰め込むので現地まで開けることはなさそうです。



                      ちょっと角度が立ち過ぎて先端が高いかなぁ、おまわりさん勘弁してください。。。
                      赤い布切れを付ければ良い??

                      これで釣りツーリングもバッチリ?です。

                      おしまい

                      | セロー | 14:55 | comments(4) | trackbacks(0) | pookmark |
                      | 1/2PAGES | >>